【おすすめマンガ】SPY×FAMILY(スパイファミリー)【レビュワー:クロモリ】

おすすめマンガ
今回のレビュー作品

Amazon

楽天


Yahoo!

※本記事には、ネタバレが含まれています! ご注意ください!

クロモリ
クロモリ

 22年4月からアニメ化する『スパイ×ファミリー』という作品のレビューでございます!

 少年ジャンプ+で連載中の本作、もうご存じの方も多いかとも思います。というのも、このマンガがすごい!2020オトコ編1位マンガ大賞2020年2位だったりと色々な賞を受賞しています。

 ひと言でいえば、面白いです(笑)

 本作の魅力を少しでも伝えできるようレビューしていきます!

ムチャ振りな依頼

 本作の主人公は敵国に潜入する凄腕のスパイで、『黄昏たそがれ』という名前で恐れられています。黄昏はいくつもの顔(変装します)と身分を使い分け、敵国の人間に取り入ったりして情報操作をします。

 黄昏は合理主義で個人主義……他人を信頼しない人間です。が、そんな黄昏に新たなる任務が舞い込みます。それは――

 結婚して子供を作れです。

クロモリ
クロモリ

 いや、適性!

 僕は読みながら思っていました(笑)

 しかし、結婚任務にはちゃんと理由があって、それは敵国の政治家に近づくためです。もっというと、目標の政治家は用心深くて息子の学校の懇親会にしか現れないので、そこに参加するためです。

 だから、目標の政治家との接点を作るために、黄昏も子供が必要だということになります。

 でも、期限は一週間。

クロモリ
クロモリ

 はい、無理ですね(笑)

 子供はそんなすぐに出来ません。そこで黄昏は孤児院に養子を貰いに行きます。

養子に迎えた子がじつは

 黄昏が孤児院で養子にした子供はアーニャという超能力者でした。アーニャは相手の心を読めるという超能力で、黄昏の心を読みます。そして黄昏の求める子供を演じます。年齢を偽り、身長はつま先立ちしたりして。

クロモリ
クロモリ

 アーニャが黄昏に貰われようとするシーンの描き方がコミカルで可愛いのですよ。

 しかし、黄昏はアーニャを養子としたはいいものの、子供とのコミュニケーションにつまづきます。向いてないのです。この辺りもコミカルなので、実際に読んでいただきたい(笑)

 一方で、アーニャは好奇心の強い子供です。黄昏がスパイだと知った時もわくわくとするほどに。好奇心の強いアーニャはもちろん、黄昏の持ち物を興味を持ち、いじります。

 そして黄昏の無線機に触って敵組織に居場所をさらしてしまいます

黄昏がスパイになった理由

 黄昏の居場所を探していた敵組織は、アーニャを黄昏の関係者として誘拐してしまいます。それを知った黄昏は、スパイとしてアーニャを切り捨て、別の子供を養子にすることを考えます。

 ですが、出来ない。

 黄昏は身バレ顔バレのリスクをとって、アーニャを助け出します。

 黄昏は自分がスパイになった理由を思い出したのです。

 それは、平和で子供が泣かない世界を作るためでした。

クロモリ
クロモリ

 なんかもう、ただの良いパパになりそうですよね(笑)

 で、助けたことをきっかけに、黄昏はアーニャとのコミュニケーションが上手くいき始めます。

 接点を作りたい敵の政治家、その名門学校への入学試験をアーニャに受けさせ、合格させます。

 もうこの辺りから、黄昏は立派な教育パパでしかありません(笑)

子供の次に必要なのは

 もともと優秀なので、子育てもこなせます。ですが、目標の名門学校では両親の面接がありました。黄昏にはもちろん、嫁がいません。

クロモリ
クロモリ

 次なる黄昏の任務は、婚活です(笑) 

 そんなふうに偽装の妻を探していた黄昏が出会ったのはヨルという女性でした。

 ヨルは家族に心配をかけないように恋人役を探していました。

 黄昏としては都合が良い。ですので、黄昏はヨルに学校の面接に妻役として同行してほしいと交換条件を出します。

 ちなみにヨルが黄昏を恋人役に誘うように仕向けたのは、黄昏とヨルの心を読んだアーニャだったりします。

 で、ヨルは普通の女性ではありませんでした。殺し屋です。

 スパイと超能力者と殺し屋です。

クロモリ
クロモリ

 物凄い特殊な人物がそろってきていますね(笑)

 黄昏はヨルの恋人役としてとあるパーティーに出席します。

 が、その前に任務で密輸組織と戦闘しています。黄昏は傷だらけでヨルの恋人役を担います……はい、普通の女性なら引くというか、成立しない(笑)

 でも、ヨルは殺し屋である……からではなく、結構な天然キャラなので、黄昏の適当な言い訳を信じます。

 また、黄昏を追ってくる密輸組織の人間たち相手に、ヨルは普通に戦闘行為をします(笑)

 普通の男性ならば引くでしょうが、黄昏はヨルの戦闘能力を普通に受け入れます。

 ヨルは自分を受け入れてくれる人は、黄昏以外にはいないだろうと直感。

 黄昏にプロポーズします……が、あくまで偽装のためということで。

 黄昏としても好都合ということで、ヨルのプロポーズを受け入れます。

クロモリ
クロモリ

 はい、ちなみに、黄昏とヨルとのやり取りは密輸組織に追われている最中に展開します。この時点で銃撃戦中だったりします(笑)

 で、銃撃戦中ですが、黄昏はヨルのプロポーズを逃すまいとしました。

 黄昏は手榴弾を敵に放り捨てます。

 その手榴弾のピンを婚約指輪代わりにヨルの薬指にはめます。

 背後で吹っ飛ぶ爆発しています。

 僕はこんな婚約シーンをマンガでも初めて見ました(笑)

クロモリ
クロモリ

 物凄い好きなシーンで、大爆笑した挙句に、なんか感動する! という不思議な読書感覚を初めて味わいました。

 ちょっと書いてて思ったのですが、黄昏もヨルも真面目に言うといびつな人間なので、パズルのピースみたいにハマった感があったのかもしれません。

 ともあれ、黄昏は無事に疑似家族を作ることに成功しました。

 スパイと殺し屋と超能力者で。

 凄い組み合わせですよね(笑)

一周まわって良い家族

 黄昏家は普通の人が一人もいない疑似家族です。

 ですが、次第に互いに思い合って、助け合って家族になっていくのです。

 結構、ほっこりするシーンとかもあるので、癒されたい方にもおすすめです。

クロモリ
クロモリ

 さてはて、スパイ×ファミリーのレビュー、いかがでしたでしょうか?

 もっとこういうトコが面白いだなんて方がいらっしゃいましたら、コメント頂けると幸いです。いや、ホントに欲しいんですよ(笑) 例えば、僕は男性なので、黄昏って男性キャラとして魅力的なのですかね? とかね。

クロモリ
クロモリ

 ちなみに、僕はヨルは女性キャラとして好きっす///

 そんなことはともあれ、ここらでレビューを終えたいと思います。

 少しでも興味を抱かれましたら、マンガを買ってみるなり、アニメを見ていただけると嬉しい。面白いフィクションにどっぷりつかって、楽しんで欲しいものです。

 ではでは、最後まで読んでいただいた方に感謝です。

クロモリ
クロモリ

やっぱりフィクションって良いですよね~

斬新なホームコメディを観たい方はこちら

Amazon

楽天


Yahoo!

このレビュワーの作品はこちら☟

コメント

タイトルとURLをコピーしました