【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【最終話】

シェアワールド オリジナル小説

最終話 死神の初恋㉑

 そして。

 幾度も季節がめぐり、暑さ寒さを乗り越え、日蝕から三年の月日が流れた。

 幼い日を過ごした墓場にも柔らかな日差しが降り注いでいる。土の中から小さな蟲が這い出たところを小鳥がついばむ。野兎が巣穴から顔を出し、新芽をむ。皆必死で生きようと藻掻もがいている。

 だが、芽吹くのは新たな命だけで、過去に生きたモノたちが黄泉返ることはない。彼らは未来に生きる者たちの糧となったのだ。それが本来在るべき姿である。

 無いものが無くなり、

 在るべきものだけが在る。

 何一つ欠けていない。

「だから去るわけじゃなくて、形を変えているだけなんだ」

「そんなこと仰って、帰ってこないおつもりなのでございましょう?」

 ハクロの隣にいたタマキが睨みつけた。

 タマキは眼鏡を取り、髪を払った。掛けられた呪いが解け、光を取り戻した両目はしっかりと英雄の姿を捉えている。

 街からこっそり抜け出したというのに、見咎められ、墓場までの道中を共にすることになってしまった。

「眼はすっかり癒えたようだな」

「ハクロ様のおかげでございます」

「済まない。護ってやると約束したのに……」

「お顔を上げてください。私は一人でも平気でございます。ですが、突然英雄がいなくなっては街の者が心配してしまうではありませんか」

「俺は何もしていない。全部タマキの手柄じゃないか」

「そうかもしれませんが……嘘も方便って云うじゃありませんか。やはりこういう場合は、見栄えのする人をまつりあげた方が皆安心するのです」

「後ろめたいよ……」

「逃げる理由にはなりません。こういう時だからこそ、先頭に立つ人が必要なんです」

 街は領主を失い、多くの兵も消えた。外壁はあっても不安に怯える者は少なくない。民衆を束ねるには象徴的な人物が必要だった。サクヤかミコトがいれば導いてくれただろうが、代わりを務めるには一介の民間人であるタマキには荷が重い。結局、多くの知恵を引き継いだハクロが担うこととなった。

 そしてハクロは、この三年間、街の復興に全力を尽くした。

 家を建て、畑を耕し、知恵と知識を分け与える。時には外から侵入してくる獣を追い払いもした。その雄姿は勇ましく、弱き者の支えとなった。もしもハクロがいなかったら、今頃街は廃墟と化していただろう。現在でも多くの爪痕が残ってはいるが、次第に以前の明るさを取り戻しつつある。

 ハクロを死神と呼ぶ者はもう誰もいない。

 多くの人に支持され、その名は領外でも知られるようになった。

「賑やかな場所は肌に合わない。決して街が厭になったわけじゃないけれど……俺には他人が期待するような主人公にはなれそうにない」

「ええ、ええ。解っておりますとも」タマキは諦めたように嘆息する。「ハクロ様は最初から住む世界が違っていたのでしょう。貴方様に人の暮らしは似合いません。物語は、山場を越えたら、どこかで終止符を打たなくてはいけないのです」

「そう、その通り。いつまでもダラダラと続けてはいけない」

 いつまでも死なない命が無いように、いつまでも終わらない物語が存在してはいけないのだ。

 だが、他人はいつだって他人事のように、当事者の苦労や苦悩なんてお構いなしに期待をかける。英雄譚の主人公は、成長し、宝を携え、街を凱旋帰国するのがお決まりらしいのだが……此処は俺の還るべき場所ではないとハクロは感じた。生まれた土地ではあるのかもしれないが、育った場所は違うのだ。

 柔らかい椅子は何だか尻の座りが悪い。もて囃されるなんて耳障りなだけだ。ハクロに近づき、担ぎ上げようと擦り寄る者たちは皆どこか嘘に思えた。

 嫌われ、疎まれ、蔑まれ――

 死神と呼ばれる方がまだ馴染む。

 三つ子の魂百まで忘れずのことわざどおり、ハクロにとって、生者の住む世界こそが非日常であり、死者の棲む墓場こそが日常なのだ。だからこそ、タマキの眼が好くなるまでは我慢していたのだが……限界を迎えたハクロはこっそりと街を出た。

 傍で支えてきたタマキも彼の困惑する様を近くで見ていた。

「ですから、引き止めるつもりはございません」

「連れていくこともしてやれない」

「承知しております」

「では、何故ついてきた」

「一つだけお願いがございます」

「俺に出来ることなら何だって聞いてやるさ」

「では――」タマキは眼を細めて云った。「ハクロ様の半生を記録に残しても良いでしょうか?」

「まだ語り部を続けるつもりか?」

「はい。人間の記憶とは好い加減なもので、刻が経てば痛みを忘れ、同じ過ちを繰り返す愚かな生き物です」

「タマキは賢い」

「そんなことはございません。きっと私も忙しさにかまけて、いつかハクロ様という存在そのものを過去の亡霊として墓の中に埋めてしまう日が来るかも知れません。私はそれが恐ろしい。ですから、私の前から去ると仰るのであればせめて、記憶が新しいうちに、出来るだけ精確な記録を綴っておきたいのです」

「だが、俺は……」

「忘れられたいと願っているのでしょう? 充分承知しております。ハクロ様は、あの人と同じように――」

 タマキはそこで口許を押さえた。

 顔を背け、瞳を閉じる。だがそれは一瞬のことで、直ぐさま毅然と向き直った。

「ですが、ハクロ様は、本来ならば歴史に名を遺すほどの武人でございます。先の出来事も、後世に伝えるべき大事件でした。貴方様が選択を誤らず、正しい方へ導いてくれなければ、今頃街はどうなっていたことか……」

「俺は自分が正しいなんて一度も考えたことがない。ただ、大事な人の教えに従っただけだ」

「その教えを風化させたくないのです。どうか、これから生まれる命の為に」

「……分かった。そこまで云うなら好きにしろ」

「有難うございます」

「但し、一つだけ条件がある」

「何でしょうか?」

「俺の名前は伏せて、出来るだけ恐ろしい存在として書いてくれ。例えば……そう、悪いことをした子の前に現れる名前の無い死神といった具合にだ」

「それではハクロ様の武功を正しく伝えることが出来ません」

「過去に何を成したかなんて重要じゃない。正しいも間違いもないんだ。文字になってしまえば総ては幻――ただの御伽噺さ。本物になるかは受け手が信じるかどうか次第だ。大事なことは未来に何を伝えるかだろう? だから、物語には教訓を籠めておくべきなんだ」

「仰ることは解りますが……上手く伝わるでしょうか」

「送り手が信じなくてどうする。大丈夫、きっと伝わるさ。子は大人が思う以上に賢いのだから」

 そこでハクロは少し考え、慣れない笑顔を作りながら、迷える語り部に言葉を贈る。

「タマキなら良い語り部になれるよ」

「あら、ハクロ様がお世辞を云うなんて……雪が降らなければ良いけれど」

「心配無いさ。此処はもうすっかり暖かい」

 正面を向くと一片の花弁がひらりと二人の間を過ぎていく。柔らかな風にそよがれて流れてきたようだ。この辺りではあまり見かけない、薄紅色の花吹雪が空に舞う。その様は息を呑むほど美しい。ハクロとタマキは黙したまま眼で追った。

 一瞬の間が空いた。

 心地良い沈黙は別れの合図にちょうど良い。

 息を吐き出し、タマキは一歩後退る。

「それでは、私はこれにて失礼致します」

「やはり墓には参らないつもりか?」

「はい。だって、あの人のお墓でしょう?」タマキは笑顔で云う。「正直に申しますと私、今でも憎んでおりますから」

「悪く思わないでやってくれ」

「眼のことは恨んでいません。そうではなく、貴方様に掛けられた呪文がいつまで経っても解けないから――憎いのです」

「やっぱり呪われているのかな?」

「私から見れば、ですが」

「俺にはそう思えない」

「だからこそ厄介なのです」

 祝うも呪うも同じ言葉だ。

 だがそれは相手によって効果が変わる。受け手が呪いではないと信じるのであれば、その者にとっては違うのだろう。

「どちらにしても死人の言霊は強力です。いくらお傍に仕えていても、私には解いてあげられそうにありません。だから諦めました。二人きりにして差し上げます」

「そうか……ありがとう」

「こちらこそ」

「何故泣いているんだ?」

「さあ、どうしてでしょう?」

「達者でな」

「ハクロ様も、どうかお元気で」

 鎌を携え、ハクロは墓場へと足を踏み入れる。

 背中に視線を感じつつも、振り返ることはせず、ただ前を見て歩く。

 綺麗に整備された墓からえた臭いはしない。亡者や妖の哭き声も聞こえてこない。獣の気配がした。子猫だろう、親を探しているような、甘えた声を発している。昔では考えられなかった光景だ。少し羨ましく思う。

 何もかもが移ろいゆく世界で、ハクロは懐かしい匂いを求めて奥へ進んでいく。

 くさむらに分け入り、山際まで近づくと穴倉が見えた。

 中までは陽が届いておらず、気温は比較的低い。風も通っているようで肌寒かった。だが、別の場所に通じている証拠だ。泥濘ぬかるみを踏みしめつつ、薄暗い洞穴を潜り抜ける。

 やがて正面から光が射した。その、出口の手前に若い樹が見える。

 桜だ。

 三年前、山を下りた際にハクロが植えたモノである。樹は、肥沃な土壌にしっかりと根を張り、順調に育っていた。逞しい幹に耳を寄せてみれば、吸い上げられた水の鼓動が脈々と伝わってくる。そこに確かな生命力が感じられた。

 ハクロは鎌を手にし、桜の下を掘り進めていく。根を傷つけないよう慎重に振るいながら、土を掻き分けた。

 暫くすると異物に当たる。

 ミコトだったモノだ。すっかり白骨化しているが、綺麗に並べておいたので頭から爪先まで総て揃っている。

 ハクロは鎌を置き、ミコトだったモノの前で膝を着く。懐から本を取りだすと彼女の首許に置いた。

 咲き誇る桜の下、ハクロは骨と共に寝そべり、髑髏を抱いた。

 瞳を閉じてみれば瞼の裏に懐かしい影が映り込む。

 ハクロは溜息を漏らした。

 嗚呼……やはり此処に居たか。

 黒く模られた影は美しく、緩やかな曲線を描く。闇の中で骨は、少しずつ変化を遂げた。きめの細かい肌に波打つ髪が流れる。華奢な首筋には見慣れた入墨もある。仄かな体温。息遣い。眼を閉じて眠っているように視えた。

 ハクロは、腕の中で眠る大切な人を呼ぶ。

「ミコト。起きてくれ、ミコト」

 長い睫毛が微動した。

 幾度も呼びかけ、その度に頸に彫られた文字が鮮明に浮かび上がる。

 ミコトが眼を開けた。

 ハクロを認めると静かに微笑む。細い指先が頬を撫でた。ミコトは困ったような顔をして、何かを囁く。叱られているのかもしれないが、声は聞こえない。躰が無いのだから当然である。ミコトは黄泉返ったわけではない。ただ、そこに在るだけだ。

 無いものを在るとしたのは誰だろう? 

 それは視ようとする者にだけ視える世界である。

 それは聞こうとする者にだけ聞こえる物語である。

 これが魔法なのかは判らない。

 無くなったはずの魂が死神と共に彷徨っている。死神が紡いだ物語の中に存在している。他の者には触れられなくとも、確かめられなくとも、二人は互いの物語を交換し、世界を共有し、記憶の中で生きている。

 融けて混ざって、一つになって。

 充分に満たされている。

 躰など必要無い。在るだけ余計だ。

 心さえあれば――魂さえあればそれで十全ではないか。

 ならば俺も土に還ろう。そしてもう、

 二度と人は愛さない。

 死神と畏れられるようになったハクロは心の中でそう誓った――。

コメント

タイトルとURLをコピーしました