【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第31話】

シェアワールド オリジナル小説

第31話 過去の亡霊⑦

 天井を壊して現れた黒い少年は、死神の姿をしていた。

 自称死神の黒武者である。

 ミコト同様、入墨の娘として出遭った時のまま、殆ど歳を重ねていない。幼い傷を創ったあの日に見た、精悍な面立ちをしている。

 だが、過去は完全に再現されているわけではないようだ。黒武者は、切っ先まで黒く染め上げられたあの大鎌を携えていない。それは今、玉座の奥に封じられている。

 黒武者が羽根を畳んだ。ミコトに向かって堕ちてくる。祭壇に激突する瞬間、足許に魔法陣が浮かんだ。黒武者を受け止めると衝撃を吸収していく。難なく着地すると、ミコトの前に降り立つ。間近でも見ても得物は無く、丸腰だ。

「やれやれ、男の喧嘩は素手が華――っても相手が石ころってんじゃあちょいと締まらねえな。物の怪や獣よりやっぱり人間を相手にするのが一番面白え」

 黒武者は身を翻して背を向け、右の手甲を外すと痛そうに手を振った。指を鳴らし、崩れた石垣に片足を載せてかぶく。啖呵を切って見栄を張る。

「やあや、どいつもこいつもこんな深え穴倉で雁首揃えて悪だくみたあ、穏やかじゃねえ。聞けば天裂け地が割れる。世界が滅ぶと並べ立て、か弱い生娘をたらし込み、極悪非道な悪行三昧。いいや、皆まで云うな小悪党。証拠は無くとも鼻が利く。所詮手前も同類だ。蛇の道は蛇。同じ外道の臭いがプンプンするぜ。女のなみだは魔力を放つ。見捨てておいちゃあ漢がすたる。例えお天道様が許しても、この死神・ハクロ様が黙っちゃいねえ。さあさ、そっ首刎ねられたくなけりゃ、御用だ御用だお縄に掛かれ――って、あれ……?」

 自称死神の黒武者は、眼を丸めながら辺りを見回した。

 高らかに嗤って口上を打ったはいいものの、聞く者は一人しかいない。振り返ってミコトを認めると調子を落として死神は訊いた。

「えっと……お嬢ちゃん、一人かい?」

「はい」

「悪党共は何処へ行った?」

「最初から誰もおりません。私だけでございます」

「今日此処で若い娘を生贄にして、魔女狩りが行われるって噂を聞きつけてやってきたんだが……それじゃあお嬢ちゃんはスケープゴートじゃねえってのかい?」

「私は……」

 ミコトは首を振る。

 紛い物の偽物だ。

「私は地下牢の魔女でございます」

「破ッ――本物の魔女なんてこの世にいるもんか。お嬢ちゃん、自分を卑下しちゃいけねえぜ。人間ってのはな、なりたいと思ったものになっちまうんだ。嗚呼、なんだまた外れかよ」黒武者は舌打ちした。頬を赤らめ、額に手を当てる。「今のは見なかったことにしてくれ。恰好悪い、これじゃ道化か猿回しのエテ公じゃねえか」

「貴方様は猿ではございません。言葉の通じる、話の分かる人間です。それが死神になろうというのですか?」

「なろうとしてるんじゃねえ。俺は正真正銘の死神だ」

「神などこの世には存在しません」

「手前一人なら神にだってなれるさ」

「本当に死神なのですね?」

「応よ」黒武者は満面の笑みを湛えて嘯いた。「そんなことよりお嬢ちゃん。お嬢ちゃんは領主の縁の者かい? 何だってこんな所に独りで――」

 突然ミコトが胸に飛び込んだ。

 眼には大粒の涙が零れている。

 声を震わせ、言葉を紡ぐ。

「ずっとお待ちしておりました。ずっと、貴方様と再会できる日を、ずっと……」

「何処かで会ったか?」

「記憶の中で、何度も、何度も」

 ミコトは櫛を取って結いを解いた。癖のある、色素の薄れた髪がはらりと揺れる。

 涙が頬を濡らし、首にかかる。白粉が滲み、入墨が現れた。

 他人が描いた術中でミコトは己の本性を発露させる。

 その姿は、偽物のサクヤでも、名前を与えられたミコトでもない。幼い日の、名も無き入墨の娘だった。

「お嬢ちゃんはあの時の……」

「憶えておいでですか?」

「こんな所でまた会うとは思わなかったぜ」

 綺麗になったなと黒武者は頭を撫でる。無骨な掌ではあるが温かく、そして優しかった。それは、凍えるような孤独な世界でただ一つの拠り所となり得る。

 娘は泣いた。躰の内で凝った想いが溶けて流れて溢れ出す。

 心のうちさらけ出す。

「私は――私はずっと嘘を吐き続けて参りました。貴方様との約束を守れなかったのです」

「女を泣かせるような契りを交わした覚えは無えんだがな」

「立派に生きると誓いました」

「お嬢ちゃんは一人で此処まで歩いてきたんだろう? ちゃんと両の足で立って、ちゃんと生きてるじゃねえか」

「もう限界です。私は――孤独を分かち合える者が欲しい」

「だが俺には……」

「貴方様の大義は知っています。そして、私はスケープゴートではございません。偽物なのでしょう。紛い物なのでしょう。邪魔になるでしょう。脚を引っ張るでしょう」

 だけど。

「本当の気持ちを伝えられない世界なら、滅びたって構わない。誰かが掛けた魔法だと知って、それでも生きたい者だけ残れば良い」

「此処から先は地獄だぜ」

「貴方様のお傍にいられるなら何処へだってお供しましょう。ですから、どうかお願いします。私は、私は貴方様に……」

 入墨の娘は黒武者の手を取り、己の胸に当てた。

 この膨らみの奥の高鳴りを解って欲しい。

 娘は黒武者の手を取りねやに導く。

 天幕を潜るとしとねに座した。

 帯に手を掛け、襟を肌蹴る。

 肩が覗き、白い肌が露出した。

 見上げれば娘を照らすように僅かな光が漏れている。誰かに視られるかもしれない。

 大丈夫。天蓋が結界となっている。何人たりとも這入ってこられるものか。

 狭い世界で二人きり。

 想い人は何も云わず、ただじっとこちらを見詰めている。

 甘い沈黙が溶け、黒い瞳に己の淫らな行為が鮮明に映り込んだ。

 躰が火照り、下腹部が脈打つ。

 気付けば白無垢が赤く染まって濡れていた。

 裾をたくし上げ、腿を視る。

 嗚呼――汚れてしまった。

 男を連れ込むなど本当に魔女のすることだ。

 だけど、どうしようもなくこの躰は、この御方を受け入れたがっている。

 心が、魂が、混ざって濁って穢れることを望んでいる。

 築いた世界が壊れていく。

 それでも娘は他人に縋る。

 黒武者がその肩を抱いた。

 背中に手が回り、うなじを撫でられる。

 電気が走るように脳髄が震えた。

 想像とは違う、強烈な快感だ。

 吐息が漏れる。脚にも力が入らない。

 思考が覚束なくなり、座っていられなくなる。

 躰を横たえると黒武者が上に乗った。

 心地好い重力に身を任せながら着物を脱がされていく。

 黒武者も鎧を脱いだ。娘よりもずっと大きくて逞しい。

 両手を絡ませ男を引き寄せる。

 枕を共にし、躰を合わせた。

 温かい。

 髪が解れ、胸が躍る。

 顔が近づき、息がかかった。

 甘い匂いに蕩けてしまう。

 もう逃げることは出来ない。このまま身を委ねるしかない。

 瞳を閉じ、そのときをじっと待った。

 恐れと不安。

 期待。そして――

 唇が触れた。

 粘膜同士が接触し、舌が絡む。

 刹那。

 違和感。

 躰に異変が生じる。

 魔法が。

 悪意が、闇がどろりと溶け堕ち、娘の中に。

 黒武者の。

 違う。かつて奪われた時のあの感触とはまるで。

「貴方は誰――!? これは」

 ――誰の魔法? 

 声にならなかった。焼けつくように喉が痛む。

 娘は唇を拒み、突き放すようにしてから眼を開いた。

 だが天蓋は見えない。

 祭壇も地下牢も無くなっていた。

 それでも瞳は影を映している。

 男の顔を明瞭はっきりと捉えた。

 黒武者が、死神が本性を現す。

 腐敗していき、どろどろと融けていく。

 皮膚が爛れ、化けの皮が剥がれていく。

 ぐるりと目玉が廻り、ミコトを捉えた。

 黒武者は骸となり、剥き出しとなった髑髏がかたかたと揺れ動く。その顔は――

 嗤っていた。

 死神では無い何かが――哂っていた。

 髑髏どくろは答える。聞き覚えのある、抑揚のない平坦な発音だ。

「誰でも無いし、誰にでもなれる。名前は無く、実体も持たない。どんな役にもなれるワイルドカード。人間はストーリーテラーと呼んでいる」

「お前が!?」娘は絶句した。「どうしてストーリーテラーが此処に……私なんかの前に現れるの。何故、私ばかりがこんな目に……」

「自分が特別不幸だなんて思うな。上には上がいるし、下には下がいくらでもいる。死を前にしても人は平等ですらない。今頃世界中で穢れた魂が最後の審判を受けている」

「カンザキ様とサクヤ様の儀式はどうなってしまったの?」

「他人より自分の身を案じた方が良い」

「離して!」

「何を嫌がる。俺はあれほどお嬢ちゃんが欲していた黒武者様だぜ?」

 骨から筋肉が生え、皮膚が表面を覆った。

 見る見るうちに再生し、黒武者の姿に戻っていく。

 顔も声もまるで見分けがつかない。だけど、

 違う違う。

 こいつは黒武者じゃない。

 騙された。誑かされた。絡め捕られた。

 娘は髑髏を突き放そうと手足を跳ね上げる。

 だが四肢は締めつけられ、ビクともしない。

 髑髏は娘を押さえつけ、顎を鳴らす。蛇のようないやらしい目つきをしていた。

「おいおい、お嬢ちゃん。そう邪険にするなよ。他人の親切は素直に受け取っとくもんだぜ。手前、俺に抱かれたいんだろう? 汚れて穢れて罪深い女に成り下がりたいんだろう?」

 違う違う違う。

「私はただ――」

 我儘を聞いてもらって、叱って欲しかっただけなのだ。

 もう一度生きる勇気を与えてもらいたかっただけなのだ。

 本物ならばきっと、甘えてんじゃねえよと怒るだろう。例えどんな逆境に立たされようとも無頼を気取って見得を張る。自分にも他人にも厳しい武士もののふだと心酔したからこそ魅せられたのだ。たった一度の逢瀬ではあったが、それは間違いない。確信している。なのに、どうしてこんなことに……。

「これがお嬢ちゃんの望んだ結末だろ?」ストーリーテラーが云った。「死んだ人間はもう二度と元には戻らない。黄泉返るなんて幻想だ。それでも逢いたいと願うのは自然の摂理に反する。だが、お嬢ちゃんはそれを知ってもなお、あえて魔法にかかる道を選択した。俺がハクロではなく、別の何かだと解っていてもな」

「違う!」娘は叫んだ。「躰を返して。それはあの御方のモノよ!」

「返すも何も、この躰は元々、お嬢ちゃんの云う黒武者のモノじゃねえ。その息子のモノだ」

「嘘よ、黒武者様はまだ其処にいる!」

「この躰の何処にいる。良く視てみろこのきずを。これはお嬢ちゃんが刺してこしらえたものだぜ」

 黒武者の皮を被ったストーリーテラーがその背中を指し示す。

 心臓付近には刀で創った刺傷が生々しく残っている。間違いなくミコトがつけた痕だった。 

「この躰の持ち主の魂はもう、どこにもいねえ。殺したのはお嬢ちゃん……ミコトと云ったか、手前だよ」

「嘘よ、それじゃあ私は何の為に……」

 ハクロを殺めたというのだ。

 解っていた。

 無駄な足掻きと知っていて、それでもなお願ってしまっていたのだ。

 見るべき現実から眼を逸らし、

 視えないものを見えるとしていた。

 だけどそれももう御仕舞い。

 自作自演の魔法が解ける。

 娘はくずおれ、膝を着くとミコトに戻った。

 そこへ新たな呪文が忍び寄る。

 ミコトを唆そうと悪魔が耳元で囁く。

「だがな、お嬢ちゃんさえ俺を信じれば、俺は本物のハクロになれる。お嬢ちゃんにとって理想のハクロを演じてやれる。永遠に悩み苦しむことない場所で二人きり。慰めてもらいたいならそうしてやろう。叱ってほしいならそうしてやろう」

「……本当に?」

「勿論さ。だから俺と契りを交わせ。意地を張らずに、楽になっちまえよ」

 ストーリーテラーはミコトを引き寄せ、その虚ろな瞳を覗き込む。

 妖しい影が瞳に映る。

 深淵なる闇が口を広げ、世界が闇に閉ざされていく。

 闇に呑まれて影が消えていく。

 ミコトの存在が。

「さあ、一緒に地獄へ堕ちようぜ」

 ミコトは考えるのを止め、肯こうとした。その時――

「悪魔に耳を貸してはいけない。ハクロ様の魂は此処にあるわ!」

 声と共に一筋の光が射した。

 闇を十字に切り裂く閃光の中から現れたのは――盲目の医者だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました