【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第29話】

シェアワールド オリジナル小説

第29話 過去の亡霊⑤

 ミコトは、横たわるサクヤに向けて、要点を掻い摘んでで説明した。

 まるで幼子を寝かしつけるために童話を読み聞かせているようだが、お伽噺でも昔話でもない。これから起きる忌まわしい現実の話である。破滅をもたらす死神の話である。

 先ず、明日行われる婚姻の儀に邪魔が入ることを打ち明けた。

 残酷な内容に喉を詰まらせながらも、出来る限り精確な情報を伝えようと言葉を選ぶ。

 話している間、サクヤは沈黙を続けていた。途中で割り込んだり、話の腰を折ったりはしない。勿論眠っているわけでもない。時々相槌を打って、ちゃんと聞いているという姿勢を見せるだけだ。

 ミコトは、サクヤが死神に誘惑されて悪しき者を孕んでしまうことを告げる。そして――

「サクヤ様は忌み子を産むと同時に果ててしまうのです」

 そこまで話し終え、サクヤの顔を見た。

 か弱き天才は眼を閉じ、じっと考えている。頭の中で話を整理しているようだ。どういう反応を返すのか想像もつかない。

 迫る死の恐怖に怯えるだろうか。それとも……

 暫く沈黙が流れたが、サクヤはおもむろに躰を起こす。ミコトの顔を見つめながら微笑んだ。

「面白い話ね」

「笑い話などではございません」

「可笑しいではなく、興味深いという意味よ」サクヤは人差し指を立てた。「一つ質問があります」

「どうして私に未来が分かるのか、ですね?」

「ええ。私を驚かせようという趣旨ならば大歓迎だけど、冗談にしては悪質だわ。作り話とは思えないけれど、予測にしては不確定な要素が多すぎる。それでも貴女の話には、あたかもその眼で見てきたように細部まで作り込まれている」

「実は私は――」

 当然の疑問にどう答えるべきかミコトは逡巡した。

 だが此処で嘘を吐いても始まらない。正直に話したところで荒唐無稽と一笑に付されるだけかも知れないが、二十年先の未来からやって来たと告げた。

「時間を操る魔法ですか」サクヤが僅かに眼を見開く。「御伽噺では聞くけれど……」

「やはり信じられませんか?」

「そんなことはないわ」サクヤは首を振った。「人間が想像し得る総ての事象は、必ず人間によって実現出来るの。それは、観測する行為そのものが世界に影響を与えているという証拠に他ならない」

「これは夢物語でも、思考実験でもありません。私は、間違いなく時間を遡ってやって来たのです」

「貴女が魔法を仕掛けたの?」

「魔法を掛けたのはカンザキ様です。サクヤ様の死を受け入れられず、長い時間をかけて編み出しました」

「カンザキ様は今何方どちらに?」

「婚礼に向けて準備を進められているはずです。お会い出来るのは明日になるかと」

「彼も未来から遡ってきたのね?」

「はい」

「貴女たち二人だけ?」

「サクヤ様以外の、世界の全てでございます」

「ふむ……」

「何かご不明な点でも?」

「ええ」サクヤは蟀谷こめかみを押さえた。それは、サクヤが頭脳を最大限に動かしている時の癖だった。「どちらかと云えば、貴女たちが過去へ戻ったのではなく、私だけが未来へ進んだとみるべきじゃないかと思って」

「現象としては同じことです」

「そうかしら? 万物は流転しているだけであり、過去も未来も現実には存在しないわ。在るのは常に今だけであり、混沌として移ろっているだけ」

「時間は不可逆だというわけですね?」

「それでももし、世界を過去に在った状態に戻そうと考えるなら、観測者全員の時間軸を過去の一点に向けて集束させなければならない。だけど私たち人間は全知全能ではない。私以外の、ある時点の情報を凡て集めて再現するなんて不可能だわ。それよりも、観測できる世界と人物を限定し、閉じた社会の中で、サクヤという人物を演じさせる方が遥かに現実的じゃないかしら?」

「自分はサクヤ様ではないと仰るのですか?」

「私がサクヤであるかどうかは観測者が決めることよ」

「貴女様はサクヤ様です」

「時間は相対的な概念であり、誰もが同じ速度で消費しているわけではないの。だから、術者が特定の人物の時空を恣意的に早めたり遅らせたりすれば或いは――過去に戻ったように見せかけることは可能かも知れない」

「あの、サクヤ様……」

「もしこの仮説が正しければ、本当のサクヤは既に死んでいることになる。だけど、こうして私がサクヤとして生きている。つまり貴女たちは時間を操ったのではなく……」

「サクヤ様、あまり興奮されては御身に障ります」

 ミコトは手を広げ、上体を起こして熱弁するサクヤの言葉を遮った。

 彼女は頭が良い。情報を与えすぎると魔法が解けてしまいそうだ。毛布に隠れた躰が骨と皮に戻っていないことを願う。

 無理に寝かしつけようと横させる。

「ねえ、ミコト。外の世界はどうなっているの? 是非とも知りたいわ」

「サクヤ様の想像通りに動いております」

「観測するまでは不確定よ。昔は私たちが世界の中心だったけれど、今はもう誰も天動説を信じなくなった。私たちは神じゃない。この眼で確かめるまでは、解らないと答えるのがきっと正しい」

「元気になればいつか出掛けられますから」

「ハクロ様と仰いましたか……その御方は私を外へ導いて下さるのよね?」

「死神の甘言に乗ってはいけません」

「私には世界を共有させてもらえないのね」

「貴女様は御一人で完結している天才です。外に在るモノは不純物に過ぎません」

「そんなことはないわ。この世界に無駄なモノなど一つも無いの」

「この世界は美しいものばかりではございません。見ない方が善い現実もあるのです」

「それでも私は知りたい。この眼で見て、この手で触れたい。好奇心は、人が持つ根源的な欲求の一つよ。ねえ、どうか真実を教えて頂戴。私を檻に閉じ込めようとしているのは誰? 貴女は私が生き返るまでずっと見守ってくれていたのでしょう?」

「サクヤ様はまだ死んでおりません。少し長い眠りについていただけです」

「嘘よ。本当は解っているのでしょう? 死は――終わりは忌避すべき対象ではない。永遠に生きられる命などないの」

「貴女様ほどの魂の持ち主であれば、どんなに永い時間の試練にだって耐えられます。私でさえ、ほら、この通り。時間を遡ったために若いままです」

 ミコトは黒装束を脱ぎ、肌を見せた。四肢は、滑らかで瑞々しい。入墨を彫った無知な生娘だった頃のまま若さを保っている。だがそれは、躰が元に戻ったわけではなく、ミコトの魂を映した姿に過ぎない。

「魔法が正しく機能している証拠です」

「便利な言葉よね。魔法といえば納得させられるのだから」

「仕組みが解らなくとも使えてしまう事実が大切なのです」

 世界の全貌など知らなくても生きていけるように。

 生まれた意味など知らなくとも生きていけるように。

 はこは黒いからこそ意味がある。中が分からないという点において価値があるのだ。

 だがミコトはその中身を知っている。

 閉じられた本でさえ書かれた筋を予測出来ている。

 所詮この世はフェアリーテイルなのか。

 見えるモノも感じるモノも、躰も心もすべて幻だ。

 だけど、嘘と解っていても本物と信じて演じなければ生きていけない。

 だからミコトは言葉を紡ぐ。

 嘘偽って、呪文を唱えて、魔法を騙る。

 希望に絶望し、未来を変えようと奮起する。

「見た目だけではありません。私の中でずっと変わらないモノがあります。愛すべき者への忠誠です」

「私の為を想ってくれているのね?」

 サクヤはじっとミコトを見詰めた。穢れの無い瞳の奥に何もかも見透かしたような知的さを備えている。

「はい。ですから、私を信じてください。私が貴女様の運命を変えて御覧に入れます」

「運命ならもう変わっているわ。過ぎた日は二度と元には戻らない。万物は流転するのよ」

 ならば運命さえも流転するというのか。

 確かにサクヤの言動は黄泉返る前とは異なっているように思えた。聡明さは以前よりも鋭く、しかしどこか諦観している。やはりこの才人に魔法をかけるのは至難の業だ。

 挫けそうになるが、しかし先に折れたのはサクヤだった。張り詰めた緊張を解くように肩を落とし、ため息を吐く。

「ですが、まあ、死に抗うことが生きることだというならば、納得いくまで足掻いてみるのも一興か」

「では――」

「貴女は大切な友人ですからね。話を合わせてあげましょう」

 サクヤは、透き通った眼差しをミコトに向ける。

 総てを知った上で騙されようというのか。人間は正論だけで動く生き物ではない。情でも動く。だから魔法が成立するともいえる。強い言霊は、それだけで心を揺さぶるのだ。

「それで、私はこれからどうすればいいの?」

「黒武者・ハクロの眼を欺くのです」

「策はあるのよね?」

「お耳を」ミコトは躰を寄せ、サクヤに耳打ちする。「私が影武者となり、サクヤ様の代わりにこの身を捧げましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました