【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第20話】

シェアワールド オリジナル小説

第20話 死神の初恋⑬

「以上が――私が知るハクロ様出生の顛末でございます」

 ひとしきり話し終えた盲目の産婆が堅く口を引き結ぶ。

 訪れた静寂はどこか懐かしく、そして儚い。時空を超え、永い間地下にいたような気さえ覚える。それだけタマキの語りに熱が籠っていたということだ。

 日付は疾うに過ぎており、出歩く人の気配は無い。

 風が凪ぎ、雲が流れて月が現れた。

 窓の外を眺めると、ひさしに止まっていたふくろうが一声ほうといて羽ばたいていく。その後ろ姿が月と重なり、小さな影を落とした。こんな人の居る場所でも野生の動物は逞しく棲みついている。

 ハクロは、飛び去る黒い影をタマキの肩越しに追いかけた。まとまらない思考を持て余し、語り部から視線を逸らせたかった。今聞いた話をどう受け止めるべきか、その判断がつかない。

 現在は過去となった時点で物語となり、嘘か真か確かめる術は無い。

 ただ信じるか否かだけだ。

 タマキはきっと、信用に足る人物だろう。だが彼女の話はどこか荒唐無稽で飛躍している。

 途中までは良い。

 魔女の子であろうと、

 悪しき者の子であろうと、

 忌み子であろうと。

 どんな秘密が語られようと、覚悟はしていた。

 だがハクロの呪われた運命には、背負わせようとした誰かの作為を感じる。それも、底知れない悪意を持ってだ。

「……こんなこと、いったい誰が仕組んだんだ?」

「おそらくストーリーテラーでしょう」タマキは即答した。「この世界を滅ぼさんとする神の仇名です」

 答えを求めたつもりはなかったが、あらかじめ用意していたのだろう。それはミコトが話してくれた物語にも登場した、異国の言葉だ。

 日蝕が最大になるときに現れ、有史以来の人類を復活させ、最後の審判を下すのだったか。この点はハクロは信じていない。恐らく創作だ。この世に神などいるものかと思っている。

「もちろん、この世界に神など存在しません。あまねく神々は、抽象的な世界にしか存在しないのですから」

「ではどうして神の名を語る。宣託でもあったのか?」

 ハクロは天井を仰ぎながら話を振り返る。

 タマキは、閉ざされた闇のなかで『殺し合え』と聞こえたと話した。だが、それが神の言葉である確たる証拠はどこにもない。地下牢にいた誰かが発したのかもしれないし、単なる空耳かもしれない。少なくともそれらの可能性を排除し切れない。

 ハクロがそう問い質すと、タマキは言葉の綾ですと返した。

「実際にいようといまいと、それは大した問題ではございません。皆が同じ声を聞き、全員が呪いに掛かったという事実が重要なのです。それが呪文なのか、あるいは別の仕掛けがあったのか、誰にも説明できません。ただ、人智を超えた現象に対して、神という言葉を当てはめれば納得できるという、それだけのことでございます」

無いものを在ると置き換えたのだな」

「左様。現実に起きたという結果だけは確かに在る。しかし原因が何かは解らない。解らないものには兎に角――」

 名前を付けたがるものなのです、とタマキは続けた。

 つまり、名前の解らないハクロに対して歴戦の侍たちが死神と名付けたように、概念のなかにしか存在しない神に対して、ストーリーテラーという名称を与えることで現実の世界に具現化させたのだ。

「城で起きた――否、世界中で同時多発的に起きた事件も『盲目の日蝕』と名付けられました。そして人の記憶に留まり、記録に残され、今もなお語り継がれております」

「世界中で俺たちと同じような眼に遭った人たちがいるのか……」

「現象はそれぞれ異なるようですが、同日、近隣諸国でも同様の不可思議な事件が起きたと聞き及んでおります。もしそんな大それたことを実行できる者がいるならば、それはストーリーテラーをおいて他にいないだろうと」

「何故そいつは俺たちをこんな眼に遭わせるんだ」

「そもそも個人の意志なのかさえ定かではございませんが……その誰かは世界を作り変えようとしているのではないでしょうか。日蝕を境に、世界に対する私共の認識は一変しました。太陽を駆逐され、視力を奪われ、希望を失ったのです。そして魂は囚われ、刻が止まり、老いることもなく、永遠の闇のなかでただ、沙汰が下る日を待つだけの身となったのです」

最後の審判か」

「はい」タマキは項垂れ、瞳を伏せた。

 タマキが二十年前と変わらぬ姿をしているのは、呪いによって時間の流れが止まっているためなのか。これは決して寿ぐべき状況ではない。

 ハクロは眼を閉じた。しかし完全な闇を再現することは出来ない。どんなに固く閉ざしても瞼の裏に僅かな光が透けて視える。どんなに推し量っても、同じ体験は味わえない。

「貴様の眼を――不死を治すことはできないのか?」

「ストーリーテラーの魔力を断って呪いを解くか、裁きを受けて魂の浄化をもってすれば、或いは……」

「殺そうとしておいて云うのも憚られるが、生きることを諦めるな。それは逃げているだけだ」

「ハクロ様には理解できぬやも知れませんが、弱き者にとって、死は時として救いになります。辛いこと、苦しいこと、厭なこと。総ての艱難辛苦から逃れたいと願うのはいけないことでしょうか?」

「済まないがその質問には答えられない」

 常に死と隣り合わせにいた死神にとって、それは決して忌避すべき対象ではないと知っている。だが、軽々に答えることはできない。大切な人ができてハクロは生死観に迷いが生じている。

 死神の異名を持つ青年は立ち上がると鎌を手にして云った。

「代わりに俺がそのストーリーテラーとやらに裁きを下してやる。これでも腕には覚えがあるんだ」

「有難うございます。そのお気持ちだけで充分でございます」

「俺では役不足か?」

「滅相もございません。ですが、ハクロ様が如何に強くとも所詮は人間。神を倒すなど不可能です。神はこの世には存在しないのですから、居ないものは倒しようがありません」

「だが、解らないというだけで、結果が在る以上、原因は存在するのだろう?」

「原因を求めることは、神の名を探るようなもの。知れば貴方様も呪いにかかってしまう。呪われれば見えるものが見えなくなり――視えざるものが視えてしまう」

 タマキは眼を開いた。見えない恐怖に怯えるように、光を通さないはずの彼女の瞳が大きく収縮する。

「その視えざる相手こそが原因ではないのか? ならば好都合ではないか。元々呪われた身なんだ。これ以上悪くなることはあるまい」

「それでも生者が視るべきではありません。ストーリーテラーは認識してはいけない存在なのです。貴方様を闇に葬った、あの黒装束の女のように……」

「そういえば貴様、その女だけは視えたと云ったな?」

「はい。首に彫られた入墨を、はっきりとこの眼で視ました」

「首に入墨だと……? それはどんな模様をしていた? 顔や名前は憶えているか?」

 黒装束の女が破壊の神に繋がる手掛かりとなりそうだ、とハクロは判断した。

 タマキは首肯し、はいと云った。

 ゆらりと立ち上がり、ゆっくりと腕を伸ばす。

「ちょうど貴方様の後ろにおりますよ」

 差し示した先はハクロの後方――振り返ってみればそこには黒い衣を纏った女が、首に彫られた入墨を晒し、沈黙したままこちらを見ていた。

「ミコト」

「ハクロ様にも視えているのですね……」

「まさか、黒装束の女とは――?」

「久しぶりね、ミコト。否――裏切り者の魔女」

 盲目の医師はミコトを睨みつけた。

 視えざるものをその眼に焼きつける。開かれた瞳孔に深淵な闇が広がり、黒い炎が揺らめくと同時に――亡者の群れが現れた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました