【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第19話】

シェアワールド オリジナル小説

第19話 盲目の傀儡④

 遥か上空で太陽が欠けていく。

 月が重なるにつれ、地上に注ぐ陽光が蝕まれていく。やがて完全な闇に支配されると禍々しい気配が月の影から降り注いだ。膨大な熱量は稲光を想起させる。しかし、大気を切り裂いたのは漆黒の魔力だった。

 それが無数に分裂し、世界中に散っていく。

 別れて墜ちた一つが城を貫いた。

 天を裂き、地上に落ちても拡散することなく大地を割り、地下まで達する。

 祭壇が揺れ、魔力の塊が人に墜ちた。

 くだんの妊婦の胎である。

 それはタマキが新しい命を目撃すると同時だった。

 得体の知れない狂気が魔女に宿り、霊感に乏しいタマキでさえ背筋が凍るほどの悪意が満ちていく。そして産道から現れたのは――赤ん坊だった。

 臍の緒がついた人間の赤ん坊だった。

 だがそれを人の自然分娩と認めることは、タマキにはできなかった。なぜなら、

 赤子のかおがぐるりと廻り、

 およそ人体の構造を無視した軌道を描いた後、 

 冥府の底から這い出た亡者の如き双眸が見開かれたからだ。

 漆黒の瞳と眼を合わせた途端、蟲が一斉に這い上がってくるような悍ましさに支配された。

 タマキは小さく悲鳴を上げ、己の躰を抱いて戦慄する。

 その瞳に映ったのは巨大な影だった。

 ――これは幻!? 

 実体の伴わない影が大きく広がり、伸び、人の輪郭を形作っていく。

 影がわらった。

 口許が裂け、この世のものとは思えない不協和音を発する。

 堪えきれずに耳を塞いだが、しかし効果はない。直接脳を揺さぶるような振動が全身を劈く。

 コ ロ シ ア エ

 と聞こえた。

 抑揚のない発音ですぐには意味が理解できなかったが、音の意味は一つしか浮かばない。

 ――殺し合え? 

 タマキが脳内で変換し終えると影はまた嗤う。

 見下すようにわらう。

 影は膨張し、四散するとその輪郭をくらませた。

 残響が収まると一瞬の静寂が訪れる。一体何が起きたのだろう、とタマキは暫し呆然と虚空を眺めた。

 近くで悲鳴が聞こえた。

 幻影に慄き、誤って足を滑らせたのだろうか、術者の一人が上階から落下したようだ。人体が潰れる音がして、タマキは顔を顰めた。

 続けていくつかの衝撃音が響く。

 見えずとも混乱しているのが伝わってくる。誰もが視界を失い、狂騒のなかで己の感覚だけを頼りに動いているのだ。影が消えても地下牢は暗闇に閉ざされたままだった。

 だが、命の現場に携わる者は簡単に冷静さを失ったりしない。松明も全て消えたようだが、暫くじっとしてれば慣れるだろう。タマキは絶望的な暗闇に屈せず、半眼を保ったまま視線を伏せる。息を殺し、神経を集中して感覚を研ぎ澄ませた。

 だがいつまで経っても眼は慣れない。

 地中深い場所といえ、多少は自然の光が差し込むはず。だが、その兆候は一向に訪れなかった。確かにねやにいるはずなのに、底無しの地獄まで堕ちていくような浮遊感に苛まれている。不安定な足場では立ち上がることさえ覚束ない。

 タマキは掴まるものを求めて手を伸ばした。だが幾ら藻掻いても天幕に届かない。

 不安が拡散し、躰が痺れ、脳を蝕む。

 焦りを募らせるなか、妊婦の声が微かに漏れた。

 声を頼りに妊婦の許へ這い寄る。

「奥方様、ご無事ですか? 奥方様!」

「……ハクロ」

「ハクロ?」

「私の子……」

 それが子の名前か。

 ハクロはどこ、と魔女が我が子を呼ぶ。

 タマキは、赤子の様子も気になるが先ずは母体の容体を確認しようと胎を探った。すると、

 ――もう生まれてる!? 

 胎児は既に母体から産まれ堕ちていた。

 妊婦の足許に広がっているのが羊水なのか、血液なのかは判然としない。だがそこに命が在ることに気がついた。

 恐るおそる指先で振れると、小さな指がぎゅっと握り返してくる。呼吸と脈拍が感じられ、

 とくん、

 とくん――と、

 生命を躍動させている。

 タマキは破顔し、急いで赤子を抱き上げた。

「奥方様、お子様は無事でございます!」

 歓喜すると同時に強い視線を感じた。

 見えずとも刺すような気配がひしと伝わってくる。腕のなかには魔女と黒武者の子――ハクロがいて、

 泣きもせず、暴れもせず、

 じっとこちらを見据えている。

 ハクロは産まれてから一度も泣いていない。

 それでも呼吸はしているし、生きている。

 タマキは、これまで幾度か出産に立ち会ってきたが、泣かない子に出会ったのはこれが初めてだった。

 不気味さを感じつつも、早く抱かせてやりたくて母親に声を掛ける。

 だがこちらも返事が無い。

 魔女は躰を横たえ、息も絶え絶えに苦しんでいた。

 喘ぎ声を頼りに母親を探し当てる。触れてみると体温が低い。血を流し過ぎたのだ。

「奥方様、お気を確かに!」

「ハクロは……何処に……」

「此処におります。元気な男児でございますよ」

 母親はもう永くは持たない。そんな確信が医者にはあった。

 母体を無理に抱き起こし、その胸にハクロを預けてやる。

「嗚呼――私のハクロ」

 泣かぬ我が子を抱き、魔女は泣いた。

 何度も子を呼び、涙するその様に魔女と呼ぶべき面影は見当たらない。

 紛れもなく一人の人間であり、一人の母親だった。

 母は最期の力を振り絞り、本を手にする。

「これを……この本をハクロに」

「承知しました」

 タマキは本を受け取ろうとした。しかし、視界が不如意なため取り落としてしまう。慌てて手で探って拾い上げる。

 そこで本に異変を感じた。

 ――頁が開いている? ……これは何かの模様? 

 表面を指でなぞると文字や記号らしき図形が刻まれているのが判る。その形を頭のなかで描けはするが、その図形が何を意味しているのかまでは理解出来ない。

 兎に角、タマキは本をハクロに渡した。小さな手がそれを確り掴んだことを伝えると、母親は安らかな笑顔で呟いた。

「良かった……これでもう、大丈夫…………」

「奥方様!」タマキは必死に叫んだ。「誰か、誰か助けを! 早く!」

 私が助けなければと気を張る。

 だが、闇は未だに晴れず、混乱は増すばかりだ。

 これだけ術者が揃っているなら火を喚べる者がいてもいいだろうに。それでなくとも松明に火を灯すくらいはできるはずだ。

 術者らは暗闇のなか、出口を求めて我先にと駆けている。

 誰かが術を発したのだろう、熱を感じた。やはり焔を召喚できる者がいたのだ。

 だが、それでも闇は晴れない。より深くなるばかりだ。

 焼かれた者が仕返しとばかりにさらなる火炎を喚び寄せる。

 互いに身を焦がし、鬩ぎ合い、罵り合って足を引っ張った。

 焦りと怒号が入り混じり狂乱は拡散していく。

 見えなくともその様子がまざまざと伝わってくる。

 ここにきてタマキは己の眼に異常をきたしているのではと疑い始めた。

 痛みはないが、不可思議なことが立て続けに起きている。もしや呪いの影響ではないかと結びつけた。

 だからタマキはハクロに向けてこう云った。

「これは貴方が起こした呪いなの? 貴方は――忌み子なの?」

 と。

 もちろん返事はない。

 生まれたばかりの赤子に答えを求める方が無体だが、一瞬だけ垣間見たハクロの瞳は当然のように言葉を理解していそうな知性を兼ね備えていた。眼が合ったという事実がまさしくタマキを盲目にさせたのだ。

 そして、タマキの発した一言が致命的な結果を招く。

 近くにいた誰かが聞きつけ、子は忌み子だと叫んだ。

 それを契機に皆が口々に忌み子だと叫び始める。

 忌み子が産まれてしまった。

 悪しき者の血だ。

 これは呪いだ。

 コロセ。

 コロセと口にする。

 タマキは青褪めた。

「違う、この子は――この子は忌み子などではございません!」

 ハクロ様は人間です、と必死に訴えた。

 だがその叫びは誰にも届かない。恐怖とともに貼られた札は簡単に剥がれたりはしない。負の感情の捌け口は弱者に流れ、そしてハクロは忌み子と化す。

 社会性を失った集団が暴走を始める。

 術者らが群れを成して上階から降りてくる。

 忌み子を棄てろと口にしながら近づいてくる。

 コロセ、コロセと囃し立てる。

 天蓋の外には既に何人かが這い寄ってきている。

 四方から手が伸び、忌み子は何処だと床を叩く。

 コロセ、コロセと色めき立つ。

 誰もが正常な判断を下せなくなっている。

 皆あまりに恐ろしいから無かったことにしようというのか。

 こんな幼子をにえにしようというのか。ならば――

 呪われているのは私たちの方だ。

 タマキはハクロに覆い被さりながら闇雲に手を払う。誰か、

 ――誰か助けて。

 願いが届いたのか、襟を掴まれ、女の声がした。

「ハクロ様をこちらに」

「貴女は――」

 黒装束の女だ。理性的で落ちついた声をしている。

 漸く視界が開けてきたのか、朧ではあるが、その姿だけ視界に捉えることができた。

 ――やっぱり呪いなんかじゃないのよ。

 混乱のせいで一時的に麻痺していただけだと考え、タマキは安堵の溜息を漏らした。

「この子を、ハクロ様を連れて逃げて」

「御免なさい」

「何故謝るのです――」

 そう問いかけた直後、頸部に衝撃が走った。

 途切れそうになる意識を何とか繋ぎ止めたが、躰に力が入らない。

 成す術なく懐からハクロが奪われていく。

「何故……?」

 タマキは再び呟いた。

 だが返事は無い。

 女はハクロを抱き、沈黙したまま遠ざかっていく。

 走り去る途中で女の頭巾が取れた。

 その首には入墨が。

 日蝕が終わると視えなくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました