【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第17話】

シェアワールド オリジナル小説

第17話 盲目の傀儡②

 それから。

 一本の松明が燃え尽き、最後の一瞬激しく閃く。後には松脂の匂いが漂った。タマキは煙たそうに手で払い、それから静かに立ち上がった。

 暫く扉の前で蹲っていたが、腹が減ったし尻も痛い。じっとしていても状況が好転することは決して無い。このままでは座して死を待つばかりである。どうせ引き返せはしないのだし、いずれ死ぬならこの先に何が在るのか確かめてからにしようと考えた。

 地下に連れてこられたのは、疫病に侵された患者が隔離されている可能性もある。思い返せば、執事が頑なに口を閉ざしていたのは感染の危険を心配してのことかもしれない。想像通りなら助けなければ、と新米の医者は奮い立った。

 万が一に備え、手拭いで口許を覆い、手袋を装着する。鞄に抗菌剤が在ることを確認するとタマキはひと呼吸置いて扉に鍵を挿した。

 時計回りに捻ってみると扉に描かれた魔法陣が脈打ち、赤黒い光が放たれる。

 思わず身をのけ反らせて手を離した。

 だが鍵は勝手に回り続けている。

 解錠音が鳴り響き、扉が開いた。

 隙間から仄かな灯りが漏れてくる。誰かが居る証拠だ。

 鬼が出るか蛇が出るか。タマキは眼を細めながら、恐る恐る中を覗き見た。そこで眼にしたのは――大量のだった。

 薄暗い空間には見渡す限りの書架が列を成し、端から端まで本で埋め尽くされている。

 タマキは、半開きの扉に躰を滑り込ませ、近くの一冊に手を伸ばした。

 埃を被ってはいるが黴臭くはない。古い医学書だが、その題字に見覚えがあった。学生の時分に街の古本屋で扱っているのを見かけたことがある。欲しかったが高すぎてとても手がでなかったことを憶えている。

 ――どうしてこんなところに所蔵されているのだろう? 

 ――もしかして、此処は図書館かしら? 

 ざっと眺めただけでも数千冊か、あるいは数万冊か。種別を問わずに無数の書籍が所蔵されている。

 首を傾げながらも手にした本を開く。頁を捲ったその時――奥から人の声がした。

 女性の叫び声だ。

 姿は見えないが、苦しそうに呻いているのが分かる。

 何事かと身を強張らせたところで別の女性らしき人物が姿を現した。全身を黒装束で覆い、手には分厚い本を抱えている。声の主ではない。現れた女性は、渋い表情を浮かべているが、苦しんでいる様子は無かった。沈痛な悲鳴は奥から断続的に聞こえてくる。

 女は、タマキの姿を認めると黒い頭巾を取り、慌てた様子で口を開いた。

「ああ、ちょうど良かった。人を呼ぼうとしていたところなの。貴女が新しい医者ね? 遅かったじゃない」

「申し訳ございません。扉の前で暫く躊躇っておりました」

「カンザキ様ったら、また何も謂わずに呼んだのね」

「カンザキ様?」

「無口で神経質そうな男性に連れてこられたのでしょう? その御方が領主様よ」

「あの御方が領主様!?」

 タマキが驚きの声を上げると、黒装束の女は黙って首肯した。

「まさか領主様が直々に案内してくださっていたなんて……」

「貴女、何も知らないのね。この街の出身じゃないでしょう?」

「はい。此処から西の集落から上京して参りました」

「なら驚くのも無理はないわ。とにかく扉を閉めて、こっちへ」

 黒装束の女はタマキの腕を掴んで奥へ導く。

 少なくとも獣や異形が待ち受けているわけではなさそうだ。

 しかし、不安は拭いきれない。

「あの――この先には何方どなたが?」

「名前は云えない」

「身分を明かせない御人なのですか?」

「違うわ。名前を奪われているの」

「それは……身分を剥奪されているという意味でしょうか?」

「いいから早く。さっき破水して、陣痛が始まってしまったの」

「出産を迎えているのですね」

「そう。それも予定よりずっと早くね。嗚呼、本当に嫌んなっちゃう。こんな時に日蝕が重なるなんて、悪い予感がしていたのよ」

「日蝕が人体に影響を与えるとは思えません」

「月の満ち欠けで産卵する魚だっているのよ。絶対に無いとは云い切れないじゃない。それに……」

 黒装束の女は鼻息を荒げて捲し立てたが、何故か言葉を濁した。

 核心に迫っていたのだろう。

 歯切れの悪い語句を継ぐようにタマキが続けた。

「関係無いかもしれませんが、気持ちの問題の方が大きいと思われます。病は気からと云いますでしょう? 案ずるより産むが易しです」

「妊娠は病気ではないけれど……そう思うなら、是非とも傍で励ましてあげて」

「そうします」

 タマキは安堵した。

 想像していたよりもずっと好ましい状況だ。誰かは知らないがこんな寂しげな地下牢で出産を迎えるなんてさぞ心細いだろう。助産の経験は少ないが助けを求められた以上は無事に産ませてやりたい。笑顔で此処から出られることを祈りつつ、タマキは黒装束の女に付いていった。

 だが、タマキの期待はすぐさま裏切られる。

 奥へ進むにつれ天井が高くなり、圧迫感も薄れていく。

 それでも嫌な汗が背中を伝う。

 妊婦の呻き声と重なるように、別の声が響きだした。

 地鳴りのような低音の合唱が其処彼処そこかしこから聞こえてくる。それらは生まれてくる子への賛歌などではなく、眩暈を催すような不協和音だった。

 急に吹き抜けたように天井が高くなった。

 耳を塞ぎながらタマキは、書架の群れを抜けたところで足を止める。上空には渡り廊下のような橋が幾つも架けられており、多くの人影が見えた。

 術師や賢者だろう。数は一人や二人ではない。ざっと見渡しただけでも数十から百はいるだろうか。全員が黒い装束を纏って妖しげな呪文を唱えている。炎の揺らぎに合わせて踊る影の連なりは黒弥撒ミサかと見紛うばかりだ。

 異様な光景にタマキは眼を疑った。

 視軸を下方に移せば其処そこには巨大な四角錐が。

 切り出された砂岩が幾重にも重ねられ、階段状に形成されている。

「これは、祭壇……?」

 階段の一段ごとに松明が並べられ、頂点まで続いている。高さは優に十メートルを超えており、とても地下に造られているとは思えない。

 黒装束の女に手引きされ、よろけつつも階段を上っていく。

 女の叫び声がいよいよ近づいてきた。

 乱れた吐息に釣られてタマキも呼吸を早める。

 息を切らせて階段を上り終えると、中央に天幕が掛けられていた。

 天蓋付きの大きな床だ。

 閉ざされた幕には人影が映っている。大きく膨れたお腹を支えながら仰向けに横たわっているのが幕越しでも判った。

 タマキは、黒装束の女と視線を交わし、幕の切れ目を潜って中へ這入る。

 床の上にはお腹を大きくしている妊婦がいた。

 歳はタマキと同じくらいだろうか。鼻筋の通った綺麗な顔立ちをしており、育ちの良さが窺える。しかし今は苦痛に顔を歪め、額には大量の汗を流している。

 黒装束の女は、苦しそうに喘ぐ妊婦に近づき、手を握った。

「奥方様、新しい医者が到着しました。もう少しの辛抱です」

「奥方様? この御方が!?」

「静かになさい。奥方様の躰に障るでしょう」

「すみません。ですが、たしか領主様は独身だと記憶しておりましたが……」

 タマキは嘘を吐いた。しかし、いくら俗世間的な噂話に興味を持たないタマキと謂えども、領主の婚姻ともなれば街中が色めき立つのではないか。そうなれば否応なく耳に届くはずだ。

「もしやですか?」

 それなら執拗なまでに隠すのも肯ける。

 世間は広いようで狭い。善からぬ噂ほど瞬く間に広がるものだ。領家の名に瑕がついては街全体の恥ともなろう。そして下世話な想像は当たらずとも遠からずだった。

「貴様――口を慎め。粗相を重ねればその首が無くなるものと思え!」

 黒装束の女は激昂し、腰から短刀を抜いた。その切先がタマキの喉元に向けられる。籠められた殺意は本物だ。

 だが女の怒りを妊婦が鎮める。華奢な指先を峰に這わせた。

「お止めなさい。御医者様が怯えているわ」

「ですがこの女――何も知らないくせに」

「良いのです。事実、表沙汰に出来ない関係であることに変わりはないのですから。さあ、貴女は持ち場に戻りなさい。御医者様と二人だけにして」

 奥方に宥められ、黒装束の女は矛を収める。殺意を残しつつも幕を捲って天蓋から出ていった。

 家臣の背中を見送ると妊婦は身重な躰を起こした。

「御免なさい。皆私のせいで気が立っているの」

「いえ、私も余計なことを口走りました。どうかご容赦を」

「気にしなくて良いわ」

「あの、この状況は一体? 黒装束の方は奥方様と呼んでいましたが、本当は何者なのです?」

「カンザキの妻であることは事実です。ただ……」妊婦は胎を押さえながら己の正体を明かした。「私は人間だった者。つまり――魔女なのです」

コメント

タイトルとURLをコピーしました