【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第16話】

シェアワールド オリジナル小説

第16話 盲目の傀儡①

 故郷から単身上京し、医者になって間もないタマキに大きな仕事が舞い込んだのは、初冬が過ぎて雪が舞い始めた頃だった。

 寒い季節は急患が増える。激務を終えたタマキは、手拭いを首に巻いて、いつものように遅い帰路を急いでいた。治安の良い領地ではあるが、裏路地を抜ける際にはやはり緊張する。近づく足音に気づき、長屋の目前で振り返った。

 視線の先には仕立ての好い外套を羽織った男が一人。

 身形みなりからして役人だろうか――人攫いや強盗よりはましであるが、いずれにしても関わりたくない手合いだ。夜更けの訪問は税の取り立てと相場が決まっている。

 しかしタマキは、貧しいながらも懸命に働いている。滞納はしていないし、悪事を働く度胸も無い。別の戸口を敲くだろうと考え、軽く頭を下げると手拭いで口許を覆って踵を返した。

 長屋に這入り、扉を閉め、かんぬきを掛ける。

 胸を撫で下ろすと同時に背後で戸を敲く音がした。

 先ほどの役人だろうか。

 無視しようか迷ったが、疚しいことは無い。後々面倒を引き摺るよりも気がたかぶっているうちに片付けてしまおう。そう考えたタマキは、両手を擦り合わせ、白い息を吐きながら戸を引いた。

 立っていたのは飛脚だった。

 近くで誰かに手渡されたらしい。親展ではないが、直接本人に渡すよう頼まれたとのこと。小窓から外を窺うと、先ほどの役人風の男がこちらを見ていた。

 男は、タマキが手紙を受け取ったことを確認するとそのまま去っていく。飛脚も会釈すると小走りに駆けていった。

 渡された封筒は質が良い。督促状かと思ったがどうやら違う。恋文というにも素っ気ない。簡素な作りだ。

 誰からだろうと眉を顰めつつ封筒を裏返す。友人知人の少ないタマキにとって、手紙を受け取るのは久しぶりのことである。

 差出人を見て驚いた。

 ――カンザキ家からだ! 

 封印には、領家・カンザキの紋章がしっかりと刻まれている。

 いったい何の用で手紙を寄越したのか。

 タマキは医者だが、決して身分は高くない。平民だ。一方、カンザキ家はこの一帯を治める豪族である。普通なら関わる縁など一生訪れない。同じ地に暮らしてはいても、はなから住む世界が違うのだ。

 宛先を間違えているのではないかと我が目を疑ったが、しかし宛てられた住所も名前も合っている。間違いなくタマキに届けられたのだ。逸る気持ちを抑えつつ慎重に封を開ける。中には紙が一枚入っており、流暢な文字がしたためられている。

 内容は、医者として領家に仕えるようにとのことだった。

 招聘がかかったのである。

 突然の吉報にタマキは飛び上がって喜んだ。

 領家に仕えれば一生安泰だ。

 苦しい生活を強いられつつも、高額な学費を借りてまで最高学府を卒業した甲斐があっというものだ。封書に記載されている報酬を貰えばすぐにでも全額返済できる。更に、領主やその縁者に見染められれば玉の輿だって夢ではない。

 どうして自分のような若輩者に声が掛かったのか不思議ではあるが、またとない出世の好機を逃すまいとタマキは意気込んだ。

              ※

 翌日。

 タマキは勤めていた病院を辞した。

 招聘については秘密にしておくよう記されていたので仔細を話すことは出来なかったが、先月も行方を晦ました者がいる。厳しい業界なので勝手に辞めていく新人は珍しくない。辞去する際に『最近の若者は』などと厭味を云われたが、特に引き止められはしなかった。

 気にせず手紙と医療具を携えると、病院を後にする。

 午前中だというのに外はどことなく薄暗い。雲ひとつ無い晴天だが、たしか今日は日蝕が起きる日ではなかったか。普段なら鬱々としそうな寒空だが、何か運命的なものを感じる。天候とは裏腹に、タマキは揚々とした足取りで領家の城へと向かった。

 城門前で守衛と挨拶を交わし、手紙を見せる。約束の時刻より多少早い。半刻ほど待たされた後、裏門から庭へ通された。

 敷地に這入った途端、タマキは眼を見張った。

 外界と地続きではあっても城内は、彼女の住む城下町とはまるで別世界だった。

 最初に眼を奪われたのは高く聳える城壁だ。乳白色の大理石が何層にもわたって積み上げられ、強固な土台を形成している。

 上に建つ城の外装もやはり白い。

 平和な時代に建てられた城は大抵白塗らしいが、ご多聞に漏れず白一色である。遠くから眺めるよりも、間近で観察するとより一層白さが際立つ。

 その威容は圧巻の一言だが、しかしどこか物足りない気もする。まるで刻が止まっているかのように、額縁から抜き取ったような景色からは全く人の気配がしない。何処か踏み入ってはならない異境の地に迷い込んだような気がしてタマキは身を震わせた。

 躰を擦りながら所在なく佇んでいると城内から動くものが現れた。

 昨晩訪ねてきた役人風の男である。

 人の姿を確認し、タマキは胸を撫で下ろした。男の許へ歩み、頭を下げる。

「あの、お手紙有難うございました」

 精一杯の社交辞令として笑顔を振りまいたが、しかし返事は無い。

 男は仏頂面のまま黙って顎をしゃくりあげ、身を翻す。ついて来いという意味らしい。そのまま元来た道へと引き返していった。

 タマキは慌てて駆け寄り、男の後を着いて歩く。整備された庭を横目に城内へ這入った。

 中は絢爛豪華な調度品の数々が陳列され、白亜の城に華が添えられている。だが、美術的価値など解らないタマキにとっては、露店で売っている粗品と大した違いは見つけられない。この壺を一つ売ればどれだけの米が買えるだろう、と打算が先行するだけだった。

 あちこち目移りさせながら歩いていると、男は通路脇の階段の方へ折れた。

 黙って先に行くから見失うと大変だ。

「あの――これからどちらへ?」

 領主の玉座は天守閣にあるはずだが、男はひたすら階段を下りていく。歩いた距離から換算すると、すでに地下まで達しているのではないか。きらびやかな装飾が施されていた階段手摺も、いつの間にかただの木材に変わっていた。

「もしかして、直接持ち場へ案内してくれているのでしょうか?」

「領主様にご挨拶はしなくても良ろしいのでしょうか?」

「私はこれから何をするのでしょうか?」

 道中いくつか質問してみたが、相変わらず返事は無い。何を訊いても無言のままだった。私語を慎むのが上流階級の作法なのかもしれない。

 仕方なくタマキは黙って続いた。

 やがて。

 長い階段を下り終え、男はようやく立ち止まった。

 かなり地下深くまで潜ったようで、陽の光は届かない。松明がいくつか灯され、見通しの悪い通路を照らしている。近くに下水道が通っているのだろうか、かすかに異臭が漂う。どこからか吹き込んでくる隙間風が身を切るような冷たさだった。

 足許は石畳になっており、城の風格は消え失せた。

 牢獄だ。

 城砦の地下は守りが固く、外からの侵入に強ければ、逆に内側からの脱出も難しいものだ。罪人を投獄するにはうってつけの場所である。

 だが鉄格子の向こうに人の姿は無い。代わりに妖しげな道具がいくつか見て取れる。おそらく拷問器具だろう。石責め用の十露盤そろばん板だけは分ったが、他は使途不明である。

 奥の正面に鉄の扉が現れた。

 表面には見慣れない文字が刻まれている。魔術の類に疎いタマキだが、ひと目で魔法陣だと知れた。

 男は扉の前に立つと、腰に下げた鍵の束から一つ選んでタマキに差し向けた。

 これで開けろということらしい。鍵にも扉と同種の文字が記されている。扉の向こうにいるのが人間ならばまだいいのだが……なにか悪しき者が封じられているのではないか。流石に悪い予感しかしない。

 答えないであろうことは承知の上だが、それでもタマキは尋ねずにはいられなかった。

「あの……どう見ても此処は医務室ではないですよね?」

「この先に誰かいるのでしょう? 傷ついた兵士でしょうか? それとも患った罪人でもいるのでしょうか?」

「私は、人間ならば診れますが、獣や人外は手に負えません」

「どうして何もお答えいただけないのでしょうか?」

「お答えいただけないのであれば失礼させて戴きます」

 矢継ぎ早にまくし立て、タマキは頭を下げる。男を横切り、足早に階段へ向かった。

 だが、後ろから手首を掴まれ、無理やり戻されてしまった。引っ張られた拍子に背中を打ちつけ、倒れ込む。顔を上げると長い影が重なり、次に光るモノが。

 男が刀を抜き、タマキの鼻先に突きつけている。

 ――はかられた。

 顔色一つ変えないその所作を前に、タマキは己の身に起きた危険を察知した。

 話が旨すぎるとは思ったが、あまりの僥倖に眼が眩んでしまっていた。しかし、いくらなんでも命を取られるような状況は想像し難い。軽率だったと云えるが、人間は基本的に己の死に対して鈍感なの生き物なのである。

 だが、今更悔やんでも時間は元に戻らない。

 このまま還らなくとも探す者はいないだろう。若い女が一人失踪したというだけの話だ。

 タマキの諦念を見てとったのか、男は矛を収め、小さな包みを投げ落とした。

 音から察するに貨幣だろう。報酬の前払いというわけだ。中には金貨が百枚。手紙に記されていた金額の一割である。

 タマキが包みを拾うと男はただ一言、頼んだぞと小さく呟いた。

 静かに背を向け階段を上っていく。遥か上空で錆びた鉄の蠢く音が響く。漏れていた僅かな光が途絶え、施錠音が聞こえた。

 ――どうして私ばかりがこんな目に? 

 冥い通路に残されたタマキは、壁に向かって金貨を力いっぱい投げつける。その場に頽れると独り涙した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました