【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第14話】

シェアワールド オリジナル小説

第14話 死神の初恋⑪

「こんな夜更けにどちら様でしょう?」

 奥から現れたのはハクロを取りあげた産婆だった。

 杖を突いて歩くその姿を捉えた瞬間、

 どろり――

 と黒い記憶が蘇る。

 生まれて最初に合わせたその眼、その顔、その表情が黄泉返る。

 コロセ。

 コロセと聞こえてくる。

 ミコトと出逢ってからは殆ど現れなかったが、記憶の表層に浮かんでこなかっただけで、今でも脳裏に焼きついて消えていなかった。どれほど刻が経ち、忘却の彼方に葬り去ろうとも、ふとした拍子に現れては亡霊のように呪詛を吐くのである。お前は――

 忌み子だと。

 勿論、幻聴である。

 ハクロ自身が無意識のうちに反芻しているだけなのだが……繰り返すうちに、いつしか幻が人格を持つようになっていた。産婆は、現実感を伴ってハクロの記憶に棲み続けていたのだ。

 だが、それはあくまで過去の亡霊としてである。

 うの昔に架空の人物となっていたはずなのに……何の因果で再現したのか。何か視てはいけないものを見ているのではないか。

 開けてはいけない扉を開けてしまったのではないか。

 そう思うとハクロは足が竦んで動けなくなった。

 魔法陣が描かれているわけでもなく、結界が張られているわけでもない。玄関の先に在るのは魔界でも異世界でもなく、ただの民家だというのに、自ら金縛りに陥ってしまった。

 自縄自縛の魔法を解いたのは産婆の声だった。

「どうかしましたか? 夜は冷えますので、扉を閉めて、どうぞ中へお這入りください」

 幼いころから毎日のようにうなされていたその声は、意外にもれておらず、良く通る。

 女は、産婆ではあるが、老婆ではなかった

 ハクロが赤ん坊だった当時、すでに成人していたはずだが、ミコトと見比べてもあまり変わらない。肌には張りがあり、髪も豊富だ。約二十年ぶりの邂逅だが、記憶に残る姿そのままである。

 だが、そこに違和感を覚える。

 ――この女、こんなに小さかったのか。

 空想上の産婆は、ハクロよりも遥かに巨大で、おどろおどろしくて、いくら自慢の鎌を振り回そうともまるで勝てる気がしなかった。

 だが実際はどうだ。ハクロよりもずっと小柄で背が低い。

 その差に面食らったが、永い歳月を経て再会した今と昔で変わったのはハクロの方である。

 成長過程の躰を作るために、多くの糧を得、そして排出してきた。生まれた時に在った躰は全て、外から摂取した命と取り替えられている。そういう意味でハクロは、昔とは別人と見做せる。

 それでもハクロは忌み子であり、女は産婆なのだろうが……。

 変化は産婆にも訪れていた。この女、

 ――眼が見えていないのか? 

 まだ若く、杖に頼るような歳ではないはず。腰は曲がっておらず、両足もしっかりと躰を支えている。

 杖を使う理由は眼を患っているからだろう。両の瞼は軽く閉ざされ、ハクロを捉えていない。気配や物音など、視覚以外の情報に頼っているのは明らかだ。杖で床を突き、前方に障害物がないか確かめている。何度も慎重に繰り返しながら近づいてくる。

 その様子を見て産婆に対する印象が一変した。

 魔法が解けるように、己のなかで膨らんでいた妄想が急激に萎んでいく。

 産婆は間違いなく過去の亡霊だが、神や悪魔といった人外ではない。

 負傷すれば失明もする、普通の人間だった

 背筋を伸ばし、凛としてはいるが、どこか影のある、可憐な女性だった。

 ハクロは、結界を破るように土間に足を踏み入れる。

 その先は小さな診療所になっている。診察台はひとつしかない。他は簡単な作業机といくつかの棚が在るだけだ。灯りを必要としないせいか診察室は薄昏く、どこか寂しい。大きな窓から差し込む月の明かりがやけに眩しい。

 今は患者が居ない。産婆一人だけで、手伝いなども見当たらない。

 眠るミコトを床に寝かせ、ハクロは奥に進む。緊張しつつも産婆の前に立って問うた。

「貴様がこの街で一番の名医か?」

「滅相もございません。ご覧のとおり眼を患っておりますので、医者は廃業いたしました。今は按摩を生業にしております」

「名前は何という?」

「タマキといいます」

 産婆はそう名乗り、軽く会釈した。

 過去の亡霊にもきちんと名前が在るようだ。考えてみれば当たり前の話だが、得体の知れなかった存在がますます小さく感じる。今までこんなものに苛まれていたのかと思うと次第に黒い感情がこみ上げてきた。

 コロセ。コロセと内から聞こえる。

 そんな敵意が向けられているとも知らず、タマキが落ち着いた声で尋ねる。

「どなたの紹介でこちらへ?」

「街の入口にいた兵士だ」

「遠方から来られたのですね。最近は不心得な警備兵が増えております故、揶揄われたのでしょう。申し訳ございません」

「貴様が謝る必要などない」

「金銭など要求されませんでしたか?」

「銭は持っていない。適当なモノは渡したが、気にするな」

 元はといえば、ハクロの装備や持ち物は全て墓場で拾った物だ。落とし主は不明だが、おそらくもう、この世には存在しないだろう。他人のモノであったことに変わりはないし、金銭的な価値も理解していない。惜しいとも思わない。ミコトの為に使えればそれで好かった。

「それより、廃業しているとはいえ、医者としての心得はあるんだろう?」

「私などより腕の良い医者は沢山おります。今度こそきちんとご紹介いたしましょう」

「いや、貴様でいい。診てくれないか? よもや患者を追い返すような真似はしないだろうな」

「その心配には及びませんが……どのような症状でしょうか?」

「何と伝えれば良いのか……説明が難しい」

「触れてみれば判るかもしれません。どうぞ、そちらの台へおかけください」

 按摩は診察台に促す。

 しかし、差しのべられた手を掴み、ハクロはそれを拒んだ。

「まだ訊きたいことがある」

「判ることはお教えしますが……あの、手を放していただけませんか。痛い――」

 ハクロは力を込め、華奢な手首を引っ張った。

 そのまま診察台に押し倒し、覆いかぶさる。

 ミコトを起こさぬよう静かに、死神が忍び寄るようにそっと顔を近づけ、そして睨みつけた。

「俺に見覚えはないか」

「分りません。眼が見えないと云っているでしょう」

「いつから医者をやっていた。答えろ」

「二十年くらい前の話です。どいてください。声をあげますよ!」

「お産を手伝った経験は?」

「何人かこの手で取り上げています」

「その子らの顔は憶えているか? 声は? 名前は?」

「今でも全員、鮮明に憶えています」

「なら、その子たちの名を云ってみろ」

「云えません。守秘義務があります。それでなくとも、貴方のような狼藉者に教えるわけにはまいりません」

「殺されたいのか」

「子供が犠牲になるくらいならば」

「その子供を捨てるような真似をさせておいて、善人ぶるな」

「仰っている意味が解りません。何の話をされているのですか?」

「取り上げた子の一人にハクロという名がいたはずだ」

「ハクロ……」タマキは絶句し、眼を見開いた。「もしや貴方は――?」

 その瞳は黒く濁っている。

 光を通さない水晶体に黒光りする影が映った。

 ハクロが手にしている鎌だ。

 尖端を眼前に突きつけ、今にもタマキを貫こうとしている。

 だがハクロは必死に歯を喰いしばり、最後の一振りを繋ぎ止めていた。

 コロセ。

 殺してはいけない。

 コロセ。コロセ。

 殺してはいけない。殺してはいけない。

 コロセ。コロセ。コロセ。

 殺してはいけない。殺してはいけない。殺してはいけない。

 殺意で震える拳を必死に堪えながらハクロは乞う。

「どうか教えてくれ。俺は――」

 忌み子なのか? 

 肝心な言葉は声にならなかった。

 しかしそれでも充分に伝わったようだ。

 ハクロを取り上げ、忌み子と名づけた産婆は頷き、ただ小さく嗚呼――とうめいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました