【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第8話】

シェアワールド オリジナル小説

第8話 過去の亡霊②

 最後の蜥蜴が闇に引きずり込まれると、切り裂かれた空間が閉じて断末魔が途絶えた。上空で渦巻いていた黒雲も霧散し、深い谷間に朝日が射し込んでくる。長い距離を墜ちたように感じられたが、見上げてみれば高さは数百尺しかない。

 黒武者は、逆光を浴びながら黒い大鎌を仕舞う。仮面を取り、兜を脱いで髪を掻き上げた。高らかに勝ち名乗りをあげる姿は異様でも、異形でもなかった。翼こそ背負っているものの、顔つきは人間の少年そのものだ。

 入墨の娘は跪き、ひれ伏した。

 黒武者は自らを死神と評した。比喩でも誇張でもなく、真実なのだろう。大鎌には魔獣を圧倒するほどの魔力が宿っているのだ。そんな妖刀を使い熟す様を見せつけられては信じざるを得ない。

 ならばこれから連れて行かれる先は、地獄か魔界か――想像するだに恐しい。

 娘は額を地に着け、命を乞うた。

「お許しください御武家様。否――死神様」

「許すって、何をだ?」

「私はまだ死にとうございません。どうか地獄逝きだけはご勘弁を」

「俺は地獄なんかに用はねえ。そんな微温い場所なんざ、とうの昔に閻魔にくれてやった。これから向かう先はもっと熱く燃え滾るような処さ」

「そんな――」

 地獄よりも熱い場所があるというのか。

 娘は絶句し、青褪めた。黒武者に背を向けると、這って逃走を試みる。

 黒武者はその背中を不思議そうに見つめた。

「何だ腰が抜けちまったか。どれ、手を貸してやろう」

「近寄らないでくださいまし」

「そんな有様じゃこの先が思いやられるぜ?」

「嫌です。私は逝きとうございません!」

「俺との契りを反故しようってのか?」

「滅相もございません。ですが、私にできることなら何でも致しますから、命だけはご勘弁を」

「ほう……では訊くが、お嬢ちゃんに何ができる?」

 死神は嗤いながらにじり寄る。背中を岩場まで追い詰め、正面から眉根を寄せながら顔を近づける。その鋭い眼力から放たれる気配は魔力だろうか。刃を突きつけられたように刺さる。

 答えを間違えば命は無い。

 そう思えた。

 しかし自分にできることなど高が知れている。

 財も、権力も、特技も、知恵も――何も無い。

 在るのはこの身ひとつだけ。

 娘は涙を堪え、唇を噛み締めながら着物の裾を持ち上げた。

「わ、私にできることなど、これくらいしか……」

 さらに着物を捲り、腿を露わにする。

 震える手首を掴まれた。

 娘は眼を閉じて身を強ばらせる。

 これから受ける仕打ちを考えるととても正視に耐えられない。

 しかしいくら待っても何も起きない。娘は恐るおそる片眼を開く。

 死神は――

 笑っていた。

 拍子抜けするほど屈託のない笑顔で娘を見つめている。初めて正面から捉えたが、素顔は少年のようにあどけない。下手をすれば娘よりも若いのではないか。死神と名乗るにはあまりにも無邪気で、幼かった。

 少年は、困惑する娘の頭に掌をのせ、また愉快そうに笑う。

「面白い娘だな、お嬢ちゃんは」

「な、何がそんなに可笑しいのです?」

「いや、すまねえ。あまりにも誂い易くてつい吹き出しちまった」

「誂うですって?」

「ぜんぶ冗談だよ、冗談。死神なんてこの世にいるものか」

「では、貴方様は……」

「人間に決まってんだろう。見れば判るじゃねえか」

「ですが、その背中の翼は?」

「これか? これはな、揚力を宿したままくたばった化け鴉から毟り取った戦利品だ。俺の背に生えてるわけじゃねえ」

「本当に人間なのですね?」

「そう云ってるだろう。騙され易いくせに疑り深いんだな、お嬢ちゃんは。ま、おかげで好いもん見せてもらったぜ」

「好いもの?」

 人が困っているのを観るのが愉しいのだろうか。しかし、色こそ黒で塗り固められているが、陰険そうに見えない。

 首を傾げると、黒武者は笑いを堪えながら足許を指差した。

 つられて視軸を下げてみれば、はだけた着物が全開になっている。己の淫らな格好に気づいた途端に顔に火が着く。裾を直して躰を丸めたが、慌てた拍子に勢いよく転んでしまった。

 その姿を見て黒武者はまた大声でげらげら笑う。

「あんまりではございませんか」

「いや、すまねぇ。いつも戦いに明け暮れてるもんでな、笑いは貴重なんだよ」

「ダシにされる方は堪りません」

「弱ってる心理につけ込む。こりゃあ詐欺師の常套手段だ。お嬢ちゃんは世間知らずみたいだからな。よく覚えておいたほうがいい。そんなんじゃいつか本物の悪党に誑かされちまうぜ」

「もう引っかかりません。充分に騙されました」

 娘は赤く染まった頬を膨らませ、そっぽを向いた。

 しかし顎を掴まれ正面に向き直される。芝居の続きかと思ったが、今度は真剣に叱られた。黒武者は声を低くし、怒気を孕ませる。

「一度謀られたくらいで知った気になってんじゃねえよ。騙る手口なんざ山ほどあるんだ。人間ってのは狡猾な生き物だからよ、真の悪人は自ら手の内を明かしたりなんかしねえんだ。騙されていることさえ悟られないよう、手を変え品を変え、骨の髄までしゃぶり尽すもんさ。自棄になってる小娘なんざ絶好のカモじゃねえか」

「そんな云い方をしなくても……」

「叱られているうちが華さ。誰にも相手にされなくなったら本当に仕舞いだ。一人でもお嬢ちゃんの身を案じる者はいるか?」

「父と母がおりまする」

「なら、これに懲りたら二度と命を粗末にするな。親が泣くぞ」

「私だって、本当に死にたくて飛び降りたわけではございません!」

 ただ変わりたかっただけなのだ。

 間違っていても、醜くとも、正解が解らなくとも、行動を起こして、この窒息しそうな現状を打ち破りたかっただけなのだ。

 そんな心の裡など他人には理解できまい。そう思ったが――

「解ってるよ。上から見てたからな。辛かったろう。恐ろしかったろう。よく堪えて頑張ったな」

 若き黒武者は眼尻を下げ、娘の髪を撫でた。

 涙が出た。

 優しくされた記憶など殆ど無い。

 人情に触れ、凍りついていた感情が一気に融けて溢れ出す。

 娘は黒武者にしがみつき、声を上げて泣いた。

              ※

 それから。

 ようやく泣き止んだ娘は、赤くした鼻を啜って頭を下げた。

「助けていただいて本当にありがとうございました。何とお礼を申せば良いやら」

「良いってことよ。ついでだったしな」

「ついで――でございますか? そういえば御武家様は、何故このような僻地にいらっしゃったのです?」

 娘の棲む村は辺鄙な砂漠地帯に近い。こんな何もない場所で遊山というわけでもないだろう。現れたタイミングも出来すぎている。もしや誰かが何かしらの手段を使って領主まで報せてくれたのだろうか。しかし、ならばもっと早く助けてくれても良さそうなものだが……上から見ていたらしいが、一体いつから居たのだろう。

 娘の疑問に黒武者は指を立てて答えた。

「一つは魔獣の討伐だ」

「蜥蜴のことですね」

「きな臭い気配を感じて来てみれば案の定だった。あいつら人語を介していただろう? 本来そんな力は持ってねぇ。強力な魔法で操られていた証拠だ。憲兵風情がいくら束になっても適うはずが無いんだ」

「私には判りかねますが……世の中には強い御方が沢山いらっしゃるのですね」

「人間相手ならまだ対処のしようもあるだろうがな。黒幕は蜥蜴なんて足許にも及ばない。遥かに強大な存在だ」

「御武家様も畏れるほどでございますか?」

「別に恐かねえよ。俺は天下無双の黒武者様だからな――と啖呵を切りたいところだが、この世ならざる者が相手じゃ流石の俺様でもちょいとばかり分が悪い。強さを求めて全国行脚しているわけだが――」

「修行に来られたのですね」

「それもついでみたいなもんだ。弱い獣相手にいくら斬り結んだところで強くなれる道理はねえ」

「では一体……」

「今回此処へやってきた真の目的はな、お嬢ちゃんに会うためだよ」

「私でございますか?」

「正確には、生贄候補に用があったということだが……、残念ながらお嬢ちゃんじゃなかった」

「そういえば、はずれとおっしゃいましたね。あれはどういう意味だったのでしょう?」

 てっきり色気のない娘だと落胆されたものと思ったが、どうやら別の意味だったらしい。

 黒武者はにやりと笑った。

「そのまんまの意味さ。俺はな、生贄となる女を探してるんだよ。次の日蝕が訪れる前に、なんとしても見つけだしておかなくちゃならねえんだ」

「日蝕……ですか?」

「応。太陽が滅ぶその日は人類にとって――終わりの始まりになるからな

コメント

タイトルとURLをコピーしました