【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第6話】

シェアワールド オリジナル小説

第6話 死神の初恋⑥

 やがて。

 ハクロが一通り言語を習得し終えると、次にミコトは知識を授けだした。

 世界中に伝わる歴史や文化・民族・宗教・哲学といった古典から始まり、最新の科学技術や算術、医学に政治経済・芸能・音楽、さらには兵法から占星術まで。すぐに理解できなくともいつか必ず役に立つ機会が訪れると、あらゆる分野を網羅していく。

 教鞭は夜通し執られることもあったが、しかし勉強は楽しかった。

 ミコトの教え方が上手いこともあるが、なにより世界には未だハクロの知らないもので満ちている。好奇心が高じれば実際に見て聞いて触れたいと考えるのが自然だろう。

「いつか世界中を旅してみたい」

 ハクロは、休憩がてら小屋から出ると、泉の淵で寝そべりながら宇宙を眺める。広大な闇の中には小さな光が無数に点在し、ふたりを明るく照らしている。向こう側にも誰かがいて、ハクロが夢想しているように、同じ想いを馳せているのかもしれない。

 だがこの星の――この陸地でさえ数えきれないほどの命が存在していて、そのほとんどと出逢ったことすらないのだ。悠久の刻を経て飛来した光の距離を想像すると、遭遇する確率は万に一つも無いだろう。瞳を輝かせつつもハクロは、己の小ささに苦笑した。

 幼い棘が抜け、笑顔が増えるようになったその隣で、優しく見守る人がいる。ミコトはゆっくりと腰をおろしながら云った。

「ハクロなら何処へだって行けるし、なりたいものになれるわ。だけど、そのためは挨拶やマナーも覚えなくちゃね。人前に出るなら身だしなみや振る舞いも大事よ。人は見えるものに因われやすい生き物だから」

「俺はあまり気にしたことがないけれど」

「それは外見にコンプレックスを持っていないからよ。顔立ちは整っているし、背も高い。何を着てもよく似合いそう。女性ならみんな貴方を放っておくはずがないわ。いつかきっと素敵な人が現れて貴方を見初めることでしょう。なんだか妬けてしまうわ」

「俺は別に……」

 ミコトさえ傍にいれば他の人なんて――。

 人里離れたこの泉でミコトとふたり過ごす時間は、独りで生きた幼少期とは比べ物にならないほど楽しい。ミコトは、全知全能かと思えるほど博学で、話をするのも聞くのも上手だ。彼女の、その言霊に耳を傾けているだけで、己の中に新しい世界が広がっていく。

 いつまでもこんな日々が続けばいいのにと思う。

 しかしその願いを口にすることは躊躇われる。

 ミコトは昔のままで、出逢った頃から何も変わらない。時間が止まっているかのように若さを保っている。実体を持たず、精神だけの存在となっているからだろうか。外見的な年齢だけなら追いついたのではないかとハクロは思う。

 だが、ミコトはきっと、永遠を望んだりはしないだろう。狩りを終えて食事をするたび、人は出逢いと別れを繰り返すものだと語っている。何にも執着しない姿勢は頼もしくもあるが、同時に寂しくもある。いつもどこか儚げで、眼を離した隙に消えてしまうのではないかと不安になる。

 ハクロの心中を慮ったのか、ふいにミコトが手招きをした。

「さあハクロ、此処へ座って。いつものように髪を梳いてあげましょう」

 ハクロは黙って背中を預け、瞳を閉じた。髪を洗ってもらうことが日常となっているのだ。初めは抵抗があったが、今ではもうすっかり慣れてしまった。

 ミコトは両手を泉に浸して水を掬う。濡れた指先で櫛を通すようにしてハクロの髪に流した。直接触れられなくとも水の滴りが彼女の存在を伝えてくれる。撫でられているようでなんだかくすぐったい。

「ほんとうに綺麗な髪……」ミコトが呟いた。

「そうかな?」

「滑らかで癖がない。とても良い質をしているわ。私とは大違い」

「ミコトも、その、綺麗だと思うけど」

「見え透いたお世辞はいらないわ」

「ミコトが云えって……」

「分かっているわ。すこし意地悪をしてみたかっただけ。ありがとう。覚えていてくれたのね。すごく嬉しい」

 ミコトは微笑んだ。

 だが、どこか形式的でよそよそしい。どれほど時間を重ねても、ふたりの距離が零になることは決してない。ミコトの秘密主義が原因ではなく、気持ちが上手く伝わっていないのだ。伝えたい想いはこんな上辺の飾りではないのに、どんな言葉を選んでも、口にすると嘘のように変わってしまう。

 所詮、呪文は幻ということか。

 完全な理解が得られないならば、他に何を持って証とすればいいのだろう。

 愚にもつかない想いを巡らせているうちに、ミコトは髪を梳き終えたようで、ハクロから手を離した。泉に足を浮かべると波紋を作りながら水面を渡っていく。中央に広がる睡蓮まで辿り着くと振り返った。その清らかな頬に伝っているのは跳ね返った泉の水なのか、それとも――

 ミコトを視ていると心臓を締めつけられたように胸が痛む。

 あれほど渇望していた静寂も今はただ息苦しい。話題を探そうとしても漏れるのはため息ばかりだ。

 声が聞こえた。

 ミコトが詩を口ずさんでいる。

 明るい調子ではない。だが悲しくもない。乱れた心を癒してくれるような、不思議な曲調だった。

「それは何という曲だ?」

「さあ……この地方に伝わる詩だけど、たしか無題だったような。本当は在るのかもしれないけど、詠み人知らずとされているの」

「それでも残るんだな」

優れた芸術はどんなに永い時間の試練にも耐えられるものよ」

「ますます作者が知りたくなる」

「あるいは、作者不詳という謎が聞き手の興味を惹きつけて止まないのかも」

「手掛かりは無いのか?」

「一説では闘争の女神が自ら屠った魂たちを浄化するために創った鎮魂歌だと伝えられているわ。私は母、が詠っているのを子守唄代わりに聴いて覚えたの」

「ミコトにも母親がいるんだな」

「私だって土から生えてきたわけじゃないのよ?」

 ミコトは頬を膨らませて睨んだ。

 怒っているわけではない。互いに冗談だと了解している。

「ミコトの生まれた土地が見てみたい。いつか案内してくれないか」

「それは……あまり気が進まないわね」ミコトは俯き、顔を逸らした。表情が陰っている。

「故郷に戻りたくないのか?」

「これはね、想像のお話だけど――」

 ミコトは唐突に話を替えた。

 過去を問い質されるのを嫌ったのだろうと思ったが、どうも様子が異なる。

「この土地にある領地の、ある村に、ひとりの娘が暮らしていたの」

「それはミコトのことか?」

「いいえ。過去に在ったとされる記憶の話よ」

物語だな」

「そう。誰にも語られることの無かった、名も無き娘の物語。その娘が住んでいた村はとても貧しい地域で、碌に作物は育たず、僅かな小麦を収穫することさえ困難だった。それでも娘は、老いた両親を養い、その日の飢えを満たすため、山羊の乳を搾り、藁を編んだ。毎日休むことなく献身的に働き続けたの。いつか救いの神が降りてくると信じてね。ところがある日、そんな彼女の前に現れたのは奇跡ではなく、偶然という名の悪魔だった」

「悪魔……」

「冬の終わりが近づいた頃、突然村の大地が裂け、深い谷が出来たの。そこから這い上がってきたのは硬い鱗を纏う巨大な蜥蜴だった。醜く舌を垂らしていたけれど、知性を持って人語を操る魔獣だったわ。蜥蜴はふたつの足で歩き、両手には鋭い爪が生えていた。研ぎ澄まされたその刃で村人を襲い始めたの」

「食べるためか?」

 ハクロの問いに、ミコトは首を振った。

「子孫を残すためよ。蜥蜴は村に駐在していた国の憲兵を鏖にし、首を掲げてこう云ったわ。『殺されたくなければ我らに生贄を捧げよ。日が替わるまでに生娘をひとり、首に印をつけて、大地の裂け目から突き落とせ』――とね」

「それで子が産めるのか?」

「無理に決まっているわ。人間と魔獣とでは躰の構造が根本的に異なるもの」

「なら、そいつは頭が悪かったんだな。所詮は蜥蜴というわけだ」

「迷信が蔓延るだけの文化を持っていたということよ。視点を変えてみれば、蜥蜴にとっては種を維持するためにとった必然の行動だったのでしょう」

「そうだとしても、大人しく従う必要はない」

「もちろん、その通りよ。だけど非力な村人たちにはなす術がなく、蜥蜴を恐れた。与えられた猶予が過ぎる前に結論を出さなくてはいけない。街まで助けを求めに行きたくとも、憲兵はすでに殺されて伝達は不可能だし、貴重な馬も谷に落とされて移動手段を失ってしまった。逃げ道のない閉塞感が冷静な判断力を奪ったの。そして村の創意は、全滅するよりも、ひとりの命で妥協する道を選んだ。死への恐怖という強力な魔法をかけられて、誰も抗うことができなかったの」

「魔獣の術中に嵌まったわけだ」

「だけど、此処で当然のようにある問題が持ち上がった」

「誰を犠牲にするかだな?」

「人身御供というやつね。村には何人かの候補がいたけれど、当然、名乗り出る者はいなかった。推す者もいない」

「身を投げるほうも嫌だろうが、突き落とすほうも罪悪感が伴うな」

「それでも期限内に決めなくてはいけない。誰もが押し潰されそうな緊迫感に喘いだ」

「それでどうしたんだ?」

「膠着状態を打ち破る者がひとり、自ら手を挙げたの。それは貧しい村の中でもさらに立場の弱い家の娘だった。娘は、震える声を諌めながらこう云ったわ。『父と母を最期まで看てくれるならば、私が犠牲となりましょう』と。床に伏せたままの両親を除けば、反対する者など誰もいなかった。娘は首に墨を彫り、その足で大地の裂け目に赴き、宙に身を躍らせた。だけど――」

 そこでまた予期せぬことが起きた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました