【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第5話】

シェアワールド オリジナル小説

第5話 死神の初恋⑤

 それから。

 ハクロはミコトと暮らすようになった。

 泉の畔にかんたんな小屋を建て、誰にも見つからぬようひっそりと、ふたりで寝食を共にする。外敵の来ない静かな隠れ家でハクロは、ミコトと交わした約束を忠実に守り、どこへ行くにも彼女を連れて離れないようにした。そして事あるごとに話をして、多くの知恵を授かった。

 天気の良い日は外に出かけ、食料となる野草や茸を摘みにいく。巨大な蛙や鹿も獲った。ミコトは、この躰は熱を必要としないからと言って肉には手をつけようとしなかったが、それでも上手に捌く方法を知っていたし、躰のどの部分がどういった機能を果たしているかも教えてくれた。

 食べ方にも作法があるらしい。腹が満たされればそれでいいと思っていたハクロにとって、胸の前で掌を合わせるミコトの行動は奇異に映る。しかし、命に感謝する儀式よと云われてみれば思い当たる節があった。

「昔、死にかけた時、俺も食べた薬草に手を合わせたよ」

「形はなんでもかまわないの。大切なのは気持ちだから」

「誰も視ていなくとも必要か?」

「貴方自身が視ているわ」

「確かにそうかも知れない。残すと悪いことをした気分になる」

「一度に食べきれなければ保存すればいいのよ」

 ミコトは、塩や酢に漬ける方法もあると教えてくれたが、調味料がない場合は燻製が良いと云った。保存すれば食料の乏しい時期も越えられるし、携帯して遠くまで持ち運べる。遠出する機会があれば試してみようと話した。

 また、雨の日や夜更けには、小屋で灯を点して勉学に勤しんだ。

 特に文字や言葉遣いに関しては徹底しており、独学で覚えた言語はいったん全て忘れて最初から学び直すよう命じられた。意思の疎通に間違いが起こらないように矯正したいのだそうだ。

 ミコトは語る。

「言語は伝達するための手段であり、道具なの。道具である以上、正しい使い方を身に着けなくてはいけないわ。それは決して万能ではないのだから」

「と謂うと?」

「例えば、鎌だって使い方を誤れば自分まで傷つけてしまうでしょう?」

「嗚呼、未熟な頃は沢山怪我をしたな」

「言葉や文字もそれは同じ。乱暴に扱えば立派な凶器となる。人を傷つけ、時には死に至らしめるほど強力な武器にね」

「それは呪文というやつか? 俺には使えないと思うが」

「呪文は誰にでも使えるわ。どんな言葉や文字にも言霊は宿っているもの。術師はそれを意図的に使役して、特定の効果を増幅させているだけなの」

「では俺も知らずうちに使っているんだな。言霊なんて視たことがないけれど……」

「視えるものがこの世の全てではない。いいえ。本当は、視えていてもいなくても、在っても無くても、どちらでも同じことなの」

「よく解らないな。無ければ使えないのでは?」

「そこが言霊の不可思議なところ。言葉や文字はね――無いものを在ると置き換えることが可能なの

「置き換え?」

「例えば時間という概念。人間は、万物の流転を観測し、前後の変化を捉え、その違いを言葉や文字などで表した。現在を区切って過去と未来を創りだしたの。それがこの世を認識するために必要な前提条件だと信じてね」

「時間が前提条件?」

「証明しなくても存在していると皆が了解しているの。ただ、直感的に存在は自明であると盲目的に信じ、定義しているだけ。その存在を論理的に導き出した者は誰もいない」

「未来はともかく、過去は在るんじゃないのか?」

「いいえ。在るのは常に今だけよ。この世には過去も未来も存在しないの」

「在ったように記憶しているけれど……なんというか、その前提条件が実は間違っているとでも云うのか?」

「時間は人間以上の高等な知的生命体にしか持ち得ない定義よ。万物にとっての共通定義ではないの」

「獣には過去も未来も無いんだな」

「けれど人間は、無いものを在るとする術を持っている」

「それが言霊?」

「そう。ではここでハクロに質問。貴方は自身の記憶を他者に伝えたい場合、どうするかしら?」

「それは……言葉か文字にして伝えるしかないだろう」

「言葉は記憶を伝え、文字は記録として残るものね。だけど、それらが真実であるとどうやって証明するつもり?」

「嘘なんか吐くものか」

「他人には判らないわ。身に覚えがあるでしょう?」

 問われてハクロは顧みる。

 死神と罵られ、育った場所を追い立てられた過去の記憶を――。

 どんなに声を枯らしても誰にも届かなかったあの言葉の数々は、今はもう無い。在るとすればそれは、ハクロの頭の中だけである。しかし、その記憶ももうずいぶんと忘れている。あやふやで、朧で、不鮮明だ。無いと言われればそうなのかもしれない。すくなくとも原形は留めていなかった。しかし――

「たしかに在った。在ったんだ……」

「では、それを証明してみせて」

「だから、こうして言葉を尽くしているじゃないか」

「それでは信じられないと云っているのよ」

「頭を割って覗いてもらうわけにはいかないし、信じてもらうしかないだろう。言葉の真偽を証明するなんて不可能だ」

「そう。そこが言葉や文字の限界であり、不可思議な点でもある。それらは送り手から離れ、受け手に届く過程で劣化し、ついには幻と化す。幻は仮想世界を構築し、現実とは似て非なる世界を生みだすの」

「仮想世界……」

「呼び方は何でも構わないわ。異世界だろうと、平行世界だろうと。シェアワールドだろうと」

「しぇあ……何だって?」

「言葉によって紡がれた世界は遍く――偽物なのよ」

 訊き直すハクロを無視し、ミコトは遠くを視るように目を細めながらそう嘯いた。

 視線の先には何も無い。木々の奥に闇が口を広げているだけだった。

 間近にいるのに酷く遠くに感じる。言葉だけでは埋めきれない隔たりがふたりの間に存在している。同じ場所に立っていても同じものが見えているとは限らないのだ。

「言葉の完全性を言葉で証明することは不可能なの。結局、無いものを在ると定義した上で、信じるしかないし、信じさせるしかないのよ」

「信じさせるか……それこそ魔法みたいな話だ」

呪文とは言葉や文字による魔法なのよ」

「その呪文を正しく使うためにはどうすればいい?」

「まず、前提条件として、送り手と受け手がともに、言語を介する知的生命でなければならないわ」

「蟲に呪文はかからないのだな」

「言葉が通じない相手にはどんな呪文も無効よ。さらに両者が、言語に対して共通理解を持っていなければならない。もしも受け手と送り手のどちらか一方が反対の意味で解釈したら効果は真逆となってしまうでしょう」

「祝ったつもりが呪う結果となるかもしれないわけだ」

「人間は、誤解することもあれば聞き間違うこともある。それはとても危険なこと。誤って大事な人を呪っては眼も当てられないでしょう? 悲劇を起こさないためにも、道具を使用するときは細心の注意を払わなくてはいけないの」

「他に大事なことは?」

「できるだけ簡潔に伝えること。話はややもすると冗長になりがちだから。それから、伝える時期も重要よ。真に伝えるべき情報は噺の佳境に持ってくるの」

「なるほど」

「だけど何より、祝うにしろ呪うにしろ、言霊を届けようとする強い想念を大事にしなさい。それは相手の存在を認める行為に他ならないのだから」

 ミコトはじっとハクロを見詰めた。

 心臓が跳ね、内側から破裂しそうになる。

 高鳴りが収まると、次に訪れたのは心地よい沈黙。

 互いに息を止めると、流れる時間が緩やかになる。

 透き通った眼差しに射すくめられそうだ。

 だが、その視線はやはり、どこか焦点が呆けている。彼女の中で結ばれている実像は、ハクロよりも後ろにありそうだ。そこに視えない何かが視えているのだろうか。小さく息を吐き、ミコトは独り何かを呟いた。

 ハクロも止めていた呼吸を戻す。

「……それにしても、人間はどうしてこんな脆弱な道具を未だに使い続けているのだろう?」

「他に方法が無くとも、己の想いを大事な人に伝えたいからでしょうね。記録に残し、記憶に留め、私は此処に在る。在ったんだってことを証明したいの。つまり人間はね――

 物語を必要としているのよ。

 と、語り部は云った。

「物語?」

「そう。物語は、言霊を受け取った者に立ち現れる仮想世界だけど、現実感を伴って語られた言葉や文字には、確かにそこに在ると感じさせてくれる力が宿っている。それらは全て、無いものを在ると置き換えた結果なのよ」

 過去も未来も、想像の上だけに存在する幻である。その視えないものを見えると仮定する行為は、無いはずのものを在ると置き換えることに等しい。

 ならば今、視えている女は。

 無いはずの過去の亡霊なのだとすれば――

「ミコトも俺に何かを伝えようとして現れた物語なのか?」

「どうかしら?」

 ミコトは小首を傾げて微笑んだ。自身について聞かれるとこうしてはぐらかすのだ。ハクロも了解済みなので深追いはしない。黙って続きを促した。

「ハクロから見て、貴方以外の全ては、貴方が紡いだ物語の一部といえるでしょう。だけど、それは誰にとっても同じこと。それぞれが、それぞれの物語を騙っている。だけど、外側に広がる世界はたったひとつしかない。そこで全員が主人公になることは難しい」

「俺は主人公になれるだろうか?」

「判らないわ。それはたったひとつの椅子を奪い合うようなものだから」

「冷たいな」

「私が貴方の敵ではないという証明は絶対にできないもの」

「盲目的に信じるしかない、か……」

「そんな私から助言できることはただひとつだけ」ミコトは長い指を天に向ける。「貴方を脇役に貶めようとする者に惑わされないで。どんなに魅力的な言葉で誘われても最後の最後は――自分自身で決めなさい」

コメント

タイトルとURLをコピーしました