【オリジナル小説】シェア・ワールド ~死神の初恋~【第4話】

シェアワールド オリジナル小説

第4話 死神の初恋④

 逃げた先は山奥だった。

 墓場を含めたこの地域一帯は盆地となっており、東西に流れる河を除けば周囲は全て高い山脈で囲まれており、外界から隔絶された状態となっている。

 ハクロとミコトは北から墓を抜け、そのまま山に分け入っていく。

 そこは、何百年、何千年という単位で成長した樹々が至る処に生えていて、昼でも陽の光は遮られている。足許も草木が鬱蒼と生い茂り、まともな道はひとつもない。標高が高くなるにつれ、気温が下がり、靄がかかってくる。苔むした岩肌が各所で露出し、非常に滑りやすい。山を越えようとする者の行く手を拒んでいるかのようだった。里で育った人間ではまともに歩くことさえ出来ないだろう。

 だが、人は通れなくとも、獣が潜むには都合が良い。ハクロはこれまで幾度となく足を踏み入れている。

 墓場は人間の業が渦巻いて、きな臭い気配がいつも充満していたが、此処にはそれがない。人の時間よりも遥かに永い単位で浄化された空気に身を委ねていると、総ての罪が洗い流されるような気さえする。万物を超越した者が存在するならばきっと、この頂の、更に上に立っているのだろう。

 だが、頂上を目指さなくとも、既に人の気配は無い。ミコトの先導で巧く墓場を抜けることが出来た。ここまで迷う様子も無かった。地理に詳しいようだが、それも訊かない方が好いと判断し、黙ってついて来た。

 標高二千メートルを超えた辺りで追っ手がいないことを確認すると、薮をかき分け、狭い峡谷を飛び越えていく。道なき道を暫く進むと切り立った崖の下に小さな泉が見えた。

 ハクロしか知らない秘密の場所である。

「此処までくれば追ってこないだろう。もうすこしで到着だ」

「手を貸してくれるかしら」

「分かった」

 ハクロは、ミコトの手を引きながら――といっても触れられないので形だけだが――崖を下りていく。泉に着くと兎が出迎えた。二人が近づいても逃げようとしない。樹上から小鳥のさえずりも聞こえてくる。霧が掛かっているが寒くはない。静かで、穏やかな場所だった。

 ミコトは背を伸ばし、深く呼吸を繰り返す。

「素敵な処ね」

「澄んだ水もあるし、肉食獣や毒蛇も出ない。今夜は久しぶりにゆっくり眠れそうだ」

「ずっと此処に棲めばいいのに」

「俺には墓場の方が似合う」

「卑下してはいけないわ、ハクロ。貴方は誰よりも気高く、賢い人間よ」

「そう云ってくれるのはミコトだけだ」

「自分自身でもそう言い聞かせなさい。人間はね、自分がなりたいと思った者になるの」

「分かった、そうするよ。いや、別にいじけているわけじゃないんだ。墓場は捨てられた場所だから、いつか俺を知る者が現れるんじゃないかって、そう思うと離れることができなかったんだ」

「なら、その夢想は現実になったわけね」

「そうなるな」

「過去とは決別できそう?」

「善処するよ」

 短く答えると、ミコトは微笑んだ。

 闇に慣れすぎたハクロにとって、その笑顔は眼が眩むほど明るい。強い光に照らされるほど己の影が浮き彫りになってしまう。だが、それでも彼女を信じて向かい合っていれば直視せずに済むだろうか――そんなことを考える。

 泉に爪先を浮かべたミコトは水面に反射してよりいっそう輝いて視えた。

「ねえ、水を浴びてもいいかしら?」

「俺に許可を求める必要なんてない」

「怒られない?」

「誰に?」

「えっと……山の主とか?」

「人が手入れをしている様子はない」

「そうじゃなくて」

 ミコトは上空を見上げた。

 山間の深い渓谷にある泉だが、そんな場所でも光はわずかに差し込んでいる。

「きっと誰のものでもないさ」ハクロは静かに首を振った。「それでももし罪に問われるようなら俺が代わりに償おう。気にせず使え」

「有難う」

「有難う?」

「お礼の言葉」

「礼を言われるようなことなんてしていない」

「優しい言葉をかけてくれたわ」

 有難う、とミコトは繰り返した。

 しなやかな髪が煌めく。墓場で視たときよりもずっと透き通っていて輝かしい。

 泉の精霊が湧いたかと見紛うほどだ。

 ハクロは視線を逸らし、顔を伏せた。視られていると妙に落ち着かない。鎌を持ち直すと踵を返した。

「枝を拾ってこよう。火を起こさないと夜は冷える」

「二人で寄り添えば寒くないわ。ハクロもこちらへいらっしゃい。随分と汚れているわ」

「俺は後で構わない。何か食べるものも必要だ」

「待って、行かないで」

 ミコトが手を伸ばした。

 それを躱し、ハクロは飛び退る。

 途端に樹々がざわめきだした。

 水面が揺れて波紋が広がる。

 兎や鳥が逃げていく。

 ハクロの放った怒気がそれらを揺さぶったのだ。前傾姿勢で睨むその姿はまるで、塒を荒らされた獣のように殺気立っている。

 鎌を突きつけられたミコトは怯えたように身を竦めた。

「どうしたの、ハクロ。怖い顔をして」

「近づきすぎだ。俺はまだ、完全に貴様を信じたわけじゃない」

「そんな悲しいこと云わないで」

「素性を明かせば信じてやる」

「それは……」

「解っている。語れぬ事情があるのだろう。無理強いするつもりはない」

「でも、信じてくれないのよね」

「悪く思わないでくれ。人に慣れていないんだ。どう接していいのか……距離感が掴めなくて」

「私の方こそ、御免なさい」

「此処にいてくれ。必ず戻ってくる」

「約束よ」

「神に誓おう」

 そう云い残してハクロは元来た道を引き返した。

              ※

 夜が更けて――

 梟が啼いた。茂みの奥で光る眼もいくつか。それ以外は風の音しか聞こえない。狐や狸も寝静まっているのだろう。山に静寂が戻った頃、ハクロは泉に戻ってきた。

「……眠っているのか?」

 女は、泉の畔で膝を抱えて蹲っていた。肩が小さく震えている。昼間の気丈さは微塵も感じられない。闇に溶けてそのまま無くなってしまいそうだ。

「随分遅かったのね」

 女は顔をあげずに答えた。

「獲物が捕まらなくて」

「嘘」

「冷静になる時間が必要だった」

 ハクロは嘆息し、女の横に立った。

「此処、座ってもいいか?」

「許可を求める必要なんてないわ。誰の場所でもないんでしょう?」

「貴女の隣が空いているかと訊いているんだ」

「好きにすれば良いわ」

 鎌を近くの樹に立てかけて荷物をおろす。気の利いた言葉の一つでもかけたいところだが、乏しい語彙力ではそれも難しい。色々迷った挙句、黙ったまま座ることにした。そうすることが一番平和に思えたからだ。

 少し間を空けてハクロは隣に腰かけた。

 沈黙を保ったまま視線を泉へ投じる。

 魚が跳ねた。名前は知らない。元々無いのだろう。魚は名乗ったりしない。

 僅かな揺らぎが観測され、やがて静まり返った。

 在ったものが無くなり、また現れる。同じように視えてもそれは、以前のものとは違う。連続していると錯覚しているだけだ。総ては移ろい、二度と再現しない。ならば今、隣にいる女が、昼間に出逢った女とは限らない。

 だが確かめる方法はある。

 ハクロは女に向かって云った。

「ミコト、訊きたいことがある。どうか俺を視てくれないか。俺は――人間だろうか。人間ならば、俺の名を呼んでくれないか」

 女がミコトならば、互いの名前を認識するはずだ。どんなに刻が経って、形が変化しようとも、貼られた札の属性が変わらなければそれは同一と看做せる。自己同一性は一人では成り立たない相互理解の上で結ばれている協定なのだ

 ハクロは続ける。

「影が視えるんだ。無いはずのものが視界に映り込み、瞼を開けていようと閉じていようと、昼も夜も、俺の意志とは関係なく現れる。正体が分からないから追い払うことも出来ない。生まれた時からずっと苛まれてきた。だからそれは、俺が忌み子だから視えるのだと、そう思っていた。呪いを背負った運命なのだと……」

「それは違う。貴方は忌み子なんかじゃないわ。光があれば影はどこにでも現れるし、誰にでも視ることが出来る」

「ああ。それはミコトと出逢って良く解った。だが、その影は確実に意志を持って俺に付きまとっている。どういう因果でこうなったのか……それを知るには過去を辿るしかないだろう」

「無駄よ。過去は――亡霊は何も語らない。無いものが視えてしまうのは、無いものを在るとしたい貴方の心の闇が光を拒んでいるせい。墓を掘り返してはいけないわ。無理に暴こうとすれば、逆に引きずり込まれて出られなくなってしまう」

「腫れ物には触れるなと?」

「その通り。貴方は前だけを見て、光の射す方だけを信じて生きるべきなの。だからどうか、私を視て――ハクロ」

 ミコトは死神の名を呼んだ。

「私なら貴方を正しい道へと導くことができる」

「信じていいのか?」

「誓ってもいいわ。だから傍から離れないで。お願い」

 ミコトは顔を上げた。

 その瞳から一筋の雫が弧を描く。

 ハクロはその頬を拭ってやり、肯いた。

「分かった。俺の方こそよろしく頼む。ずっと傍にいるから、色々教えてくれ」

「本当に?」

「誓おう。神ではなく、貴女に。だが、その前に一つだけ」

 ハクロは抱えていた布を取り出す。

 仕立ての好い藍染の反物だ。それを広げてミコトの肩に掛けてやる。

 しかし藍染はひらりと宙を舞い、透けた躰を通過していく。

 ハクロは肩を落として息を漏らした。

「やはりダメか」

「これは?」

「方々探し回って手に入れた。いつまでも裸ではいけないと思って」

「私は平気よ」

「俺が困る」

 ハクロは視線を泳がせ、頬を赤らめた。

 それを見てミコトは口許に手を当てる。

「まあ……」

「何か可笑しいか?」

「いいえ。嬉しいの」

「布がか?」

「彼方のその気持ちがよ」

「無駄になったけれど」

「そんなことないわ」

 ミコトは地面に転がる反物に手を翳した。

 すると指先から淡い光が立ちのぼり、布がひとりでに浮き始める。色を変え、形を変え、ミコトの躰を包み込んでいく。光が収束すると、布は着物に変わっていた。ミコトだったモノが着ていたものと同じ意匠だ。

「どう? 似合うかしら?」

「ああ、良く似合っている」

「もう近づいても平気?」

 ミコトは袖を捲ってゆっくりと手をのばした。

 ハクロは、身を強張らせつつも逃げはしない。

 しかし迎えるでもない。

 ただされるがままに。

 やわらかな指先が掌に触れた。

 呼吸に合わせて脈打っているのが分かる。実体は無くとも生きている証だろう。ミコトのぬくもりが伝わり、心のなかで蟠っていたしこりが解けていく。

 ふたりの掌が重なった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました