【PVを稼ぐ方法】1話分の文字数を最適化しよう

文字数 ノウハウ

結論

3,500文字前後を意識しよう

文字数はよく議論されるテーマのひとつ

デコ
デコ

 べつに何文字だって良いんじゃない?

遊び心
遊び心

 その答えは、ある意味正解ではあるけどね。

 これが正しいと言い切れる答えがあれば良いのですが、残念ながら創作に正解も不正解もありません。作品によって最適な文字数が違うのは当然といえるでしょう。

 基本的には、自由に決めて、自由に書けば良いのです。

 しかし、初心者だと『自由にして良い』となると、かえって書けなくなる人もいるかもしれません。

 目安があると書きやすいのも事実です。

本田奈那子
本田奈那子

 そこでひとつの目安が3,500文字になるのね。

なぜ3,500文字なのか

文字数を3,500文字にするメリット
  1. 多くの読者にとってちょうど良いボリューム感。
  2. 短編1本分が4,000文字以内だから。
  3. 長編1冊分は120,000~160,000万文字くらいが一般的だから。

 Web上で、多くの作者・読者ともに3,500文字くらいが良いと答えいることから、理屈ではなく感覚的にこのボリューム感がちょうど良いと感じている方が多いことがわかっています。

 3,500文字は短編1本分に収まる上限に近い数字であるため、1話分のボリュームとして適当だと皆が感じているのかもしれません。

デコ
デコ

 1と2はわかるけど、3はどういうこと?

遊び心
遊び心

 1話分を3,500文字程度で起承転結させることを意識しておくと、長編を書く時にも役立つんだ。

 長編の場合、話の中で大小さまざまな起承転結を作る必要があるのです。

 このとき、4つの章を作って大きな起承転結を構成させ、さらに各章の節を10話分の起承転結を構成させると、

 1話✖3,500文字✖10節✖4章=140,000文字

 となり、長編1本分のボリューム感としてちょうど良くなるのです。

長編の構成例
  • プロローグ 3,000文字
  • 第一章 1節平均 3,200文字
  •  第1節
  •   ~
  •  第10節
  • 第二章 1節平均 3,300文字
  •  第1節
  •   ~
  •  第10節
  • 第三章 1節平均 3,500文字
  •  第1節
  •   ~
  •  第10節
  • 第四章 1節平均 3,600文字
  •  第1節
  •   ~
  •  第10節
  • エピローグ 3,000文字
本田奈那子
本田奈那子

 だいたい140,000文字になるわね♪

遊び心
遊び心

 手許に小説があれば、どんな構成になっているのか確認してみて。

 まったく同じではないでしょうが、だいたいどれも似たような構成で作られているはずです。

 このように、プロの作品でも、3,500文字付近が1話分のボリュームとして多用されているのですから、マネしない手はありません。

 内容によっては必ずしも3,500文字が適当とはならないでしょうが、目安として知っておくと読者が読みやすくなり、かつ作者も長編を書くときの構成を作りやすくなるので、ぜひ試してください。

デコ
デコ

 読者にも作者にもメリットがあるんだね(∩´∀`)∩

まとめ

  • 多すぎず少なすぎないボリュームで起承転結を
  • 3,500文字✖10節✖4章で長編小説1本分くらいになる
  • 作品ごとに最適な文字数は違う
遊び心
遊び心

 それでは良い創作Lifeを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました