【デコモン】夢を叶える方法【体験談集】

夢が叶う方法 短編集
デコ
デコ

 夢を叶えたひとたちの体験談を紹介するよ♪

早稲田大学に現役合格した話

 4年前、中学生だった私は地元で有名な進学校に進みました。

 進学校といっても、さすがに都内の中高一貫には及びませんが、それでも結構ガンバっていました。まわりにはモチベーションの高い級友が多く、私も自然と「誰もが知っている有名な大学に進学したい」と考えるようになりました。

 そしてその想いは、1年の夏には「早稲田大学に行きたい」という明確な目標へと変わりました。オープンキャンパスで輝く早稲田生を目の前にして、「私もこの一員になりたい」と強く思ったのです。

 いや、最初の動機は、早稲田の前で列整理している人が筋骨隆々きんこつりゅうりゅうでイケメンだったという何ともいいがたいものでしたけど……。それでも、早稲田に行けば充実した人生が待っていると本気で考えたのです。

 ですが、時が経つにつれ、私と級友との学力差は広がっていきました。夏休みには当時リリースされたばかりのPokémon GOにいそしみ、勉強は一切していなかったので当然の結果といえるでしょう。

 バリバリ勉学にはげむ彼らと、勉強を習慣づけられなかった怠惰たいだな私。そのダメっぷりは1年の冬、「数字」という言い訳のきかない客観的な物差しで現れました。

 ―偏差値35

 なんと、母校どころか全国をひっくるめてみてもド底辺として正式に認められたわけです。これには放任主義ほうにんしゅぎを貫く父も黙っていませんでした。自らも早稲田大学のOBであるゆえ、思うところがあったのでしょう。

「このまま堕落だらくするなら勘当かんどうする

 と父からの無情な通告を受けたのは高1の2月のことでした。

 私は戦慄せんりつをおぼえました。このままだと家を追い出されてしまう。そうなれば高校生活どころか、早稲田への夢もついえてしまう。

 危機感を募らせる私に、ここでさらなる追い打ちがかかりました。勘当宣言から1週間後、成績不振をかんがみた担任から呼び出しを食らったのです(担任も早稲田OB)。

 身構えつつ職員室のドアをたたき、入室するとそこからさらに個室へと連行されていく。コレはヤバいかもしれない。厳しい叱責しっせきが待っているものと内心おびえていました。

 しかしそこで待っていたものは、担任が早稲田生時代に撮影した写真の数々でした。写真好きだった担任は、大学生活の4年間を膨大なフィルムに収めていたのです。

 そこに映っていたのは季節ごとに移ろいゆくキャンパスの風景。そしてそこを彩る学生の楽しそうな姿、未来への眼差しや表情でした。これらを見て私は「ああ、やはり自分の行くべき場所はここなのだ」と強く心に定めたのです。

 その日から私は気持ちを入れ替えて勉学に励みました。当時の友人はこの頃の私を振り返り、こう言っています。

ナマケモノから修行僧に生まれ変わったようだ」と。

 当時の私に自覚はありませんでしたが、いま考えると別人になっていたのでしょう。なにせゲームの電源を切り、友人と過ごす時間も失くし、取りつかれたように机にかじりついていたのですから。

 2年の1学期はまだ「できない人間」というレッテルを貼られていましたが、夏の模試で偏差値を65まで急上昇させたところで周囲の評価が一変しました。あきらかに「コイツは本気だ」という視線を受け取ったと記憶しています。

 そして勉学に励みさらに1年が過ぎたころ、3年秋の駿台模試で早稲田大学のA判定を獲得するまでに至りました。

 この頃には父はもう、元の寡黙なOBに戻っていました。

 しかし当然、模試もしの成績だけでは入学できません。本番で結果を出せなければ「敗者」です。ですが不思議と不安はありませんでした。劇的に変化した自分に自信がついていたのかもしれません。

 そして受験当日を迎え、帰宅した私。

 母いわく、「受かった顔をしていた」とのこと。

 私の中では「全力を出しきったのだから落ちても悔いはない」ものとして浮かべていた表情でしたが、母は予知でもしていたのでしょうか、結果は文句なしの「合格」でした。2年越しの壮大な夢を叶えた瞬間はさすがに興奮を抑えられず、クリスティアーノ・ロナウドのごとく雄叫おたけびを上げました。

 この経験を経て継続的な努力の大切さを知ることができたのは、今後の人生にも必ず生きてくるでしょう。生意気な言い方かもしれませんが「成功の習慣」が身についたともいえるでしょうか。今後も大学生活を謳歌おうかしながら様々なことに挑戦し、自分や家族の夢を叶えていきたいと思います。

本田奈那子
本田奈那子

 早稲田大学に現役合格なんてすごいですね! 私も勉強見習わなくちゃ💦

おじいちゃんとの思い出の話

 わたしのおじいちゃんは遠くへ行きました。

 大好きだったおじいちゃんは、もういない。もう会えないってことを理解できたのは小学三年生くらいだっただろうか。

 さらに幼かったころ、お父さんもお母さんも忙しく働いていたこともあって、わたしはしょっちゅうおじいちゃんのところに預けられていた。いま思えば、おじいちゃんっ子だったわたしに両親がしてくれた最大限の配慮はいりょだったのだろう。

 思い起こせば、わたしはおじいちゃんの葬儀そうぎにも参列さんれつしていた。そのときは何の集まりだったのかよく分からなかっていなかったのだけれど……。

 そのことをお父さんに聞いたらこんな答えが返ってきた。

遠く旅立ったおじいちゃんを見送るための集まりなんだよ」と。

 わたしもいっしょに行きたかった、って駄々だだをこねたのをいまでも覚えている。

 悲しくて切なくて、その日は一晩中ひとばんじゅう泣いた。

 一人でさみしく過ごした幼い日のわたし。

 そんなわたしをゆいいつ、大きなやさしい手で受けとめてくれたおじいちゃん。

 高校一年生になったいまでも、この手はおじいちゃんがくれたぬくもりを覚えている。いまでもまだ、頭のどこかでまた会えると思っている。

 つらいときはおじいちゃんの眠っているお墓に愚痴ぐちをこぼしたこともあった。もし、おじいちゃんが聞いていたらどう思うだろう……教室の席からぼんやりと外を眺めながらそんな想いにふける。この季節になるといやでも思い出してしまう。

「ミカ、今年のクリスマスはどうする?」幼馴染おさななじみのクラスメイトがわたしに言った。

「……あぁ、えっと、そうだね。今年はパス」

「今年『も』でしょ。だけど、うん、そっか。それじゃあみんなには適当な理由をつけて断っておくわね」

「ゴメン」

「いいよ、いいよ」級友はこまったような笑みを浮かべながら手をふった。「うん……分かってる。だけど、来年こそはいっしょにクリスマス祝おうね」

善処ぜんしょするよ」

「楽しみにしてる」

 そう言ってわたしに気遣いつつ校門をあとにする。

 わたしも帰路につく。

 心苦しいけれど、わたしはクリスマスをたのしい気分で過ごすことなんてできそうにない。

 クリスマスはおじいちゃんの命日なのだから。

 毎年この日が近づくと、どうしてもわたしはおじいちゃんの顔を、声を、あたたかい手を思い出してしまう。だからクリスマスのお誘いは受けられそうにない。

 そしてクリスマスイブ。

 例年どおりアルバムを広げ、わたしはおじいちゃんとの思い出にひたった。

 いっしょにスイカを食べている写真。

 いっしょに絵本を読んでいる写真。

 いっしょにブランコに乗っている写真。

 いっしょに……いっしょに……。

「おじいちゃん……」

 また会いたい。

「ミカちゃん、ミカちゃん。聞こえるかい?」

 どこかからわたしを呼ぶ声がした。よく知ったなつかしい声だ。

「……おじいちゃん? おじいちゃんなの?」

「そうだよ」

「ほんとうに?」

「ほんとうだとも」

 そう言っておじいちゃんはわたしの髪をなでた。

 大きくてやさしい手。

 まちがいない。たしかにおじいちゃんだ。

「会いたかった」

「わしもだよ」

「どこへ行っていたの? どうやって帰ってきたの?」

「ミカちゃんのワシを呼ぶ声が聞こえたから。特別に許してもらえたんだ」

「だれが許してくれたの?」

 おじいちゃんはなにも言わず窓から空を見上げた。

 その先には見慣れた月が浮かんでいるだけだ。

「いつもわしのことを思い出してくれていたんだね」おじいちゃんは言った。

「当り前じゃない。大好きなおじいちゃんだもの」

「ありがとう、すごくうれしいよ。でもね、ミカちゃんはもう高校生だろう? わしに縛られるのはそろそろやめにしないか」

「いやよ。どうしてそんな悲しいことを言うの? わたし好きでやってるだけなの」

「今日はね、ミカちゃんにあやまってさよならを言いに来たんだ」

「謝るって何を? おじいちゃんは何も悪いことなんてしてないじゃない。それにさよならだなんて……」

「わしがもう一日でも長く生きてれば、ミカちゃんはみんなといっしょのたのしいクリスマスを過ごせただろう」

「おじいちゃんのせいじゃないよ」

「それでもわしを許してほしい。そしてミカちゃんのくちからさよならを言ってほしい」

「いや。絶対にいや!」

「もう時間がない。どうかわしの願いを聞き届けてくれないか」

 月明かりに照らされ、おじいちゃんのからだが透けていく。

「わかった、わかったから行かないで」

 そう、わかっている。

 こればっかりは叶わないということを。

 死んだ人間は生き返らないということを。

 この奇跡の夜が長く続くはずがないということを。

 こんなふうに一人で祈り続けるような過ごし方をしても、おじいちゃんはきっと喜ばないだろうってこともわかっていたけれど……。

 言えなかった。

 その言えなかった言葉をいま言わなくては。

 もう二度と伝えられないかもしれない。

 わたしはおじいちゃんに抱きついて叫んだ。

「わたしもさよならが言えなかったことずっと後悔してた。会えてよかった。うれしかった、だけど――」

 だけど。

「さようなら、おじいちゃん」

 さようなら。

「ありがとうミカちゃん。これでわしも安心して旅立てる」おじいちゃんはやさしく微笑んだ。「ああ、もう時間のようだ。それじゃあミカちゃん、さようなら――」

 そこでわたしは目覚めた。

 アルバムを広げたまま、いつの間にか眠ってしまっていたのだ。

 これは……夢オチ? 

 それにしてはものすごくリアルだった。

 ほんもののおじいちゃんと会ったかのようだった。

 ……いや、ほんとうにおじいちゃんと会えたのだろう。

 伝えれなかったさよならも言えた……のかな?

 心に溜まっていたおりが消え、せきを切ったように涙があふれた。

 しずくがアルバムにこぼれ落ちそうになり、慌てて手ですくう。

 だけどその必要はなかった。

 開いたアルバムのうえに見慣れないハンカチが置かれている。

 わたしはハンカチを手にし、涙をぬぐう。

 ふ、とやさしい匂いがした。

デコ
デコ

 ちゃんと言いたかったことを伝えられて良かったね(ノД`)・゜・。

保健室の先生になった話

 私は現在、会社の保健室の先生(産業保健師さんぎょうほけんし)としてなりたい職業に就いています。しかし、今は天職だと思っていますが、けして順調に夢を叶えたわけではありませんでした。

 高校時代の私は、大学には行くものだと漠然と思っていました。将来の夢(なりたい職業)もなく、やりたいこともしっかり考えておらず、ただ「キラキラした大学生活を送りたい」という、何ともふわっとしたイメージでした。

 大学選びは自分の学力で入れるところで、興味の持てそうな学部をいくつか選んで受験し、外国語学部や経済学部のほかに、看護学部も受けました。

 正直、看護師になりたいとは思っていなかったのですが、親戚に看護師がいたこと、医療系の国家資格は喰いっぱぐれがなく、手に職をつけておけば将来困らないだろうと思ったからです。そして、結果はいずれも合格しましたが、私立よりも国公立のほうが親孝行だろう考え、国公立の看護学部を選んだのです。

 この選択が苦労の始まりでした。

 看護師は「白衣の天使」などと呼ばれるようにとてもやさしいイメージですが、そもそも私には「博愛精神」が欠けていたのです。入学早々「失敗したかな・・・」と思ってしまいました。

 まわりは看護師になることを夢見て前向きに授業に取り組んでいましたが、私はあいかわらずキラキラした学生生活を送ることばかりに腐心ふしんしていたのです。国内外を問わず旅行三昧で、授業をサボることもありましたし、遊ぶためにはアルバイトもしなければならなかったので、それはそれは学校以外の予定をぎっちり詰め込んでいました。

 案の定、テストは再試にまみれ、授業も実習もまったく面白くないものだから、大学を辞めようかと考えた時期もありました。しかし大学中退という肩書は格好が悪く「やはり大学はなんとしても卒業しておこう」「資格はしっかり取っておこう」と思い直せたのは、負けず嫌いな性格が幸いしたからでしょう。

 このころは「キラキラしたOLになる」ことが夢になっていました。

 看護師は目指せないけれど、資格を活かしたOLになるにはどうしたらいいだろうと考えていたのです。そんな折、会社の保健室の先生(産業保健師)という聞きなれない職業を知って衝撃が走ったのを覚えています。

 まさに自分のイメージにぴったりな職業でした。

 看護師・保健師の国家試験は合格率が高かったので甘く見ていました。毎年2月に国家試験があり、4年生の夏には勉強を始める人が多いのですが、なんと私は冬になってから勉強を始めたのです! 周囲との差にかなり焦りましたが、友人の手助けなどもあり、付け焼刃ですがなんとか看護師と保健師の国家試験に合格することができました。

 しかし、資格を得ただけで、まだ就職が決まったわけではなく、就活でも苦労をすることとなりました。

 産業保健師の採用は、大企業しかなく、欠員が生じないと募集もされないという狭き門です。就活の結果、産業保健師としての採用はされず、1年目はけっきょく看護師として病院で働くことになりました。

 そしてその配属先が集中治療室ICUという、看護師を目指す人にとっては貴重な経験ができるあこがれの部署かもしれませんが、私にとっては地獄のようでした。案の定わかっていたことですが、私は看護師は向いていません。自分のミスが患者の生死に繋がるのではないかという恐怖とストレスにいつもさいなまれていました。

 1日でも早く資格を活かしたキラキラOLになりたい。

 そう思って転職活動を始めました。そこでも紆余曲折ありましたが、運良くとある企業から内定をいただき、夢の産業保健師になることができました。

 産業保健師になってからは、看護師時代にはく余裕なんてなかった高いヒールとスーツをバシッと決めて、全国への出張に飛び回り、遊びも仕事も両立できるようになりました。そしてなにより「キラキラしたOLになる」という夢を叶えることができたことが一番うれしかったです。

 仕事は大変なこともありますが、職場のリーダーにも抜擢ばってきされ、今は天職だと思えるくらい楽しく毎日を過ごしています。

本田奈那子
本田奈那子

 保健室の先生ってなんだか教師のなかでも特別な存在って感じがしますね。

コンプレックスを克服して職業にした話

「ちょっとりん、静かになさい!」

「はーい……」

 笹原ささはら璃子りこに叱られ、凛はシュンと肩を落として小さく返事をした。

「まったくこの子ったら、ほかのお友達はみんなお行儀が良いのに……」

 駅前にあるカフェのオープンテラス。平日の昼下がりに30代そこそこの主婦たちが井戸端会議よろしく、コーヒーや紅茶を片手に世間話に花を咲かせており、璃子もそのうちのひとりである。

 凛は、その近くでみんなといっしょに遊んでいたわけだが、ひとりだけ叱られてしまった。その光景は凛にとっては日常的なことだった。晴れた平日、幼稚園の後の寄り道、母親たちの長話、自分だけうるさいと叱られることも含めて全部。

 笹原凛は一般家庭で育つ普通の少女だ。

 普段は大人から叱られることなんてほとんどない。人見知りせずよく笑い、走り回ったり物を投げたりもしない。幼稚園でも友達とケンカしたりせず、おもちゃを取り合う前にゆずってしまうような子だった。

 そんな凛だが、物心ついたころからひとつ大きな悩みを抱えていた

 だ。

 正確にはよく通る声をしているがために叱られてしまうことが悩みのタネだった。

 凛の声は高く、人並み以上によく響いた。ほかの子と同じようにワイワイ遊んでいるだけで声が目立ってしまうのだ。さきほどもひとり大声で騒いでいるように聞こえたらしい。こんな調子で毎日母親から「うるさい! やかましい!」と叱られているのだ。

 しかし、それでもこのころはまだ良かった。

「おてんばな子だ」といった評価を受けるていどで済む歳だったともいえる。だけど小学校にあがると自覚するようにもなってしまった。

 自分の声はうるさい。周りと同じように喋っただけで叱られる。友達にも迷惑かけるかも。

 そんな考えが毎日頭のなかをグルグルと駆け巡った結果、必要な時にも勇気が出せず、しゃべるときも笑うときもほとんど声を出さない子どもに育ってしまった。

 声がコンプレックスになっていたのだ。

 すごく大人しくて声が小さい子。

 この凛のイメージは、小学校卒業までの6年間ずっと変わらなかった。

 しかし、中学・高校と女子ばかりの環境で過ごした凛は、声変わりする男子が側にいないこともあってか声の高さはあまり意識せず、段々と仲の良い友達とは自然に話せるようになっていた。声を出して笑えるようにもなった。

 ただ、幼少期から刷り込まれた『声が響くからコンプレックスになった』という考え方は変えられないまま大学へ進んだ。

 大学で何か新しく熱中できることを見つけたい。

 漠然とそう考えていた凛は新歓レクリエーションで1枚のビラを受け取った。

『放送部員アナウンサーやスタッフ募集中! 楽しい新歓イベントします! 軽食あり! 見学だけでもお気軽に!』

 定番のお花見には抵抗のあった凛だが、何かしらの新歓には参加したかった。イベント開始時刻の直前だったこともあり、ビラを配っていた先輩に促されるまま放送部の部室を訪れた。放送部はそれなりに規模が大きくて、広い部室での新歓イベントには部員数十人、凛たち新入生を含めると何十人も集まっていた。

 そのイベントで人生を変えるできごとが起きた。

 自己紹介を兼ねたゲームが始まり、百人近くいる前で話すことになってしまったのだ。

 断り切れずに壇上に立たされる凛。

 パニックになり、内容を整理しながらしゃべることに頭が一杯で、マイクが到着する前に話し始めてしまったのだ。

 そしてマイクが到着したところで、ようやく肉声のみでしゃべっていたことに気づいた。もうやけくそ気味で途中からはマイクを握ってひと息にしゃべり終える。

 凜はハッとしたが時すでに遅し。どうしよう、絶対うるさいって思われた……。やってしまったと顔を覆い泣きそうになったが、しかしみんなのリアクションは違っていた。

 機材係の先輩たちは「おおっ!」と歓喜の声をあげ、ほかの新入生たちはビックリした顔で凜を見ている。

「はい、ありがとう! マイク遅れちゃってごめんね!」司会の先輩部員が笑顔で進める。「だけど凄かったねぇ……こんな広くて百人以上もいる部屋でさ、マイクなしでも通っちゃうんだもん」

「いい声持ってるね~」

「こりゃアナウンサーのやつらは油断できないねぇ!」

 あはは、とみんなが一斉に笑った。

 予想外の反応に凜は衝撃を受けた。

 ずっと『この声のせいで』と悩んでいたけれど、もしかしたらこの声を活かせるかもしれない。ここなら熱中できるものを見つけられるのではないか。そう考えた凛は放送部への入部を決めた。

 それから凜はアナウンサー部員として慌ただしい日々を送った。高校からの経験者も珍しくないなか、初心者の凜は基礎から何から覚えることが山積みだった。何度もくじけそうになったけれど、しかし凜には経験者にも勝る武器がひとつだけある。

 だ。

 凛の声の評判は、とくに機材係のメンバーの間で広まった。調整をしなくてもマイクで拾えるから楽なのだそうだ。

 コンプレックスだった声が長所に変わったのである。

 この声があるからこそ部活を続けられた。

 そして卒業後、声とは関係のない仕事で多々苦労してきた凛だが、転職を考えはじめた時期に世界中で感染病が流行したこともあり、思い切って在宅ワークへとかじを切った。YouTuberやVTuberなどが職業として定着し始めた影響で、ネット声優という職業も徐々に広がっている現在、凜は「中の人」として声の仕事をスタートさせている。

遊び心
遊び心

 苦手を克服して職業にまでしてしまうなんてすごい努力ですよね! これからのご活躍をお祈り申し上げます!

医者の子として生まれた漫画家志望の女友達が、夢を諦めかけたときに立ち直った話

本田奈那子
本田奈那子

 こちらは短編小説となっているのでページを分けています。

夢や願いを叶えた体験談募集中!

 つくろぐ!!ではみなさんの夢や願いを叶えた方法・体験談を募集しています。

 日常のささやかな楽しみから荒唐無稽な夢想、あるいは完全に創作でもOKです。

 自分にとってはたいしたことないと思っていても他の人から見ればすごいことだったりします。

 あなたの夢を叶えた方法が誰かにとっての勇気になるかもしれませんし、またあなたの夢を応援してくれる人が現れるかもしれません。 

デコ
デコ

 ボクはいつでも応援しているよ! みんなも素敵な夢を叶えたらぜひ聞かせてねヾ(≧▽≦)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました